土地情報(販売終了)東京都大田区新蒲田3丁目

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

大田区の中心市街地 蒲田

東京から22分、横浜から17分のところに、JR京浜東北線 蒲田駅はあります。
23区で面積が最も大きい大田区の中心市街地で、下町エリアの代表格。明治時代は「映画の都」として全国的に有名で、戦後しばらくは闇市が盛んだったように、ディープな側面もあります。
都市部へのアクセスの良さや、駅ビル・商店街の盛況はよく知られているところですが、他には何があるのでしょう。
最近は「住んで良かった街ランキング」の上位にも顔を出し、ますます注目を集めるようになった街「蒲田」を紹介します。

kamata_004

蒲田駅

JR京浜東北線と東急池上線・多摩川線が乗り入れる交通の要衝、蒲田駅。東急線は始発終着駅ですが、京浜東北線のほうにも蒲田始発の電車が何本か出ているので、通勤のストレスも少しは軽減されそうです。駅ビル「グランデュオ蒲田」「東急プラザ」が隣接しているのも大きな魅力。東口には、渋谷にもある伊豆諸島新島村の名物「モヤイ像」が設置されているので、待ち合わせ場所にも困りません。京急蒲田駅とを結ぶ、新空港線「蒲蒲線」の構想もたびたび話題になっていますね。

kamata_007
kamata_006
上・サンライズ商店街/下・サンロード商店街

西口商店街

蒲田のメイン商店街は、「サンライズ商店街」と「サンロード商店街」。安くて便利なお店が並ぶ、庶民の味方です。商店街のほとんどがアーケードになっているので、雨の日も濡れずに買い物することができます。23区で一番商店街が多い大田区を代表する商店街といっても良いでしょう。

kamata_015

日本工科大学

西口方面には、日本工科大学、日本工学院専門学校もあります。目を引くオシャレな建物なので、すぐ分かるはずです。蒲田駅から学校へ向かう道は、「工学院通り」と名付けられ、定食屋さんや弁当屋さんなど、学生向けのお店が多くありますね。


人気のカフェや公園の紹介

下町なので、オシャレなスポットはあまりないのではないかと思っていましたが、意外と多いのが蒲田の街。ディープなスポットとオシャレなスポットが共存しているのが蒲田の魅力かもしれません。

Cafe Slik(カフェ スリック)

kamata_030
kamata_032

デザイナーズマンションの1階にある、シフォンケーキと紅茶のお店、Cafe Slik(カフェ スリック)。自慢のふわふわシフォンケーキは、添加物を使わず卵の力だけで焼き上げているそうです。オーナーさんはティーコーディネーターの資格も持っているので、美味しい紅茶の飲み方を知っています。分からないことがあったら、気軽に質問してみましょう。インテリアデザイナーの旦那さんがデザインしたという内装も、オシャレなので、要チェック。蒲田らしからぬ、オシャレでスタイリッシュな雰囲気です。

ぐるぐるベーグル

kamata_026
kamata_029

北海道小麦と天然酵母のベーグル専門店、ぐるぐるベーグル。NY仕込みだけど、日本人のテイストに合った、ふわふわで楽しいベーグルを楽しめます。もともとは、アメリカ留学中にベーグルに魅せられたオーナーさんが、「日本には食べたいベーグルがない。それなら自分で創っちゃおう。」ということで始められたお店。ひたすら美味しいベーグルを追求した結果生まれた、こちらのベーグルは、そのまま食べても、サンドウィッチにしても、どうやって食べても美味しく味わうことができます。

西蒲田公園

kamata_016

線路沿いにある、西蒲田公園。親子連れの姿も多く、にぎやかで平和な雰囲気です。西口商店街のすぐ横なので、買い物のついでに寄ってみるのも良いでしょう。

kamata_010

アパート用地は、多摩川近くの3駅が徒歩圏内の好立地。蒲田駅は徒歩16分で、東急多摩川線 矢口渡駅は徒歩10分、東急池上線は徒歩12分。坂道が少ないので自転車があると、より便利に暮らすことができそうな気がします。
「住んで良かった街」という定評通り、蒲田は交通の利便性が高く、駅ビルや商店街など毎日の選択肢も豊富。安いお店も多いというのも、この街の魅力です。治安が悪い、汚い、強い・・・蒲田に対するそんな声もよく耳にしますが、ネガティブな先入観にとらわれず、一度街と向き合ってみることで、新しい発見があるかもしれませんよ。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787