土地情報(販売終了)千葉県船橋市前原東5丁目

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

津田沼への出入り口 前原

習志野市、船橋市の玄関口「津田沼」
そんな津田沼(新京成線 新津田沼駅)から1駅のところに、今回の目的地、前原駅はあります。周辺一帯はほとんどが住宅地で、どことなく品の良い雰囲気が漂っています。飯山満のほうからみて“南(前)の原っぱ”だったことから、前原と呼ばれるようになったそうです。
一方、津田沼駅まで少し歩けば、商業ビルやオフィスが集積する賑やかなエリアになります。交通アクセスも良く、東京駅までは電車で30分。
住宅地もあれば商業地もある、このあたりの街には果たして何があるのでしょう。早速紹介したいと思います。

maebara_046
maebara_011

とにかく便利な津田沼

津田沼はとにかく便利。パルコ、イオンモール、ミーナ、モリシアなど、大型商業施設が多く、どこへ行っても買い物ができます。
交通面ではJR総武線の快速・各駅停車、新京成線が利用できるほか、通勤時間限定で東西線とも直通するので、日本橋や大手町へも1本。
最近は、「千葉のムサコ(武蔵小杉)」とも呼ばれ、「住みたい街(駅)ランキング」でトップ10入りするようにもなりました。


前原おすすめスポット

津田沼から1駅、歩いていける距離でもある、前原駅。次は津田沼駅から離れ、前原駅の周辺にある、おすすめのスポットを紹介します。住宅街ならではのスポットがいっぱいありました。

おうちカフェ LYCKA(リュッカ)

maebara_026
maebara_027

住宅街にひっそりと佇む、おうちカフェ LYCKA(リュッカ)。一軒家をまるまるカフェとしてリノベーションしました。本当に隠れ家なので、油断していると、見過ごしてしまうかもしれません。美味しいランチと自宅のような居心地の良さが評判で、店名はスウェーデン語で“幸福”をあらわします。

MOMO(カフェモモ)

maebara_033
maebara_032

こちらも同じくおうちカフェ、MOMO(モモ)。体に優しい食材を使って作った、家庭的な料理を頂くことができます。日替わりのプレートランチも薬膳カレーも野菜がたっぷり!お米も有機の胚芽米なので、とっても健康的です。調味料や食材は店内でも販売しているので、自宅でも実践できますね。

Sweets Shop mosako(スウィーツショップモサコ)

maebara_020
maebara_022

Sweets shop mosako(スウィーツショップモサコ)。夫婦で仲良く営む、小さな小さなケーキ屋さんです。一度聞いたら忘れない不思議な店名と同じで、ここのお菓子も一度食べたら忘れない味。シュークリームやロールケーキが人気です。店名を冠した濃厚なチーズケーキ“モサコ”も気になりますね。

前原公園

maebara_036

前原公園。どこにでもあるような普通の公園です。とてものどかな雰囲気で、子供も思う存分騒げるくらい。今日もとっても平和な1日です。この街には、こんな小さな公園がいっぱいあります。

maebara_010

アパート用地は前原駅から徒歩5分の立地。津田沼駅へは歩いて20分くらいかかりますが、近くにはバスが走っているので、心配は必要なさそう。津田沼駅のほうも当然生活圏内に入ってくるので、買い物に困ることはまずないでしょう。自転車があればかなり便利に暮らせそうですね。JR津田沼駅からは、いくらか始発電車も出ているので、座っていこうと思えば座って通勤、通学することもできます。総武線の各駅停車・快速電車も両方停車。さらには新京成線も利用できるという、交通の利便性の高さも大きな魅力です。
今回は津田沼駅や前原駅の周辺の街を歩いてみました。アパートのある住宅街を一歩離れれば、中層ビルが立ち並ぶ商業地に。落ち着いた住環境と商業と交通の利便性、前原の街で暮らせば、そのどちらともを得ることができるでしょう。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787