土地情報(販売終了)千葉県千葉市花見川区検見川町2丁目

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

シンケミといえば 新検見川

千葉駅から7分、京成電鉄千葉線 検見川駅のあとに誕生した駅であることから、駅名に「新」がついた、JR総武線 新検見川駅。地元では「シンケミ」と呼ばれている駅です。
検見川という地名は、華見川(はなみがわ)が時代とともに、華見川(けみがわ)から検見川(けみがわ)となって生まれたと言われています。
そんなエピソードを耳にするうちに、検見川の街ってどんな街だろう、という興味がどんどん浮かんできたので、実際に歩いてみました。

kem061

駅そばと周辺情報

新検見川駅の名物といえば、駅構内にある、手頃なそば屋さん「花見川そば」。ご当地そばが味わえるこの店は、他の街の人たちからも大評判です。駅の中にはそば、駅の“そば”には、西友とヤックスドラッグがあるので、生活に必要なものは揃います。

検見川エリアの人気スポット

周辺には個性的なお店や公園がたくさん。数ある中からイチオシのスポットを紹介します。

kem039
kem020
kem003

サーフィンショップ、Blue Splash。サーフィン好きにはおなじみのお店だそうです。ここでサーフィンに必要なものは一通り揃うので、新しくサーフィンを始めたい人は色々と相談してみてはいかがでしょうか。海が近いうえに、レッスンもやっているので、これからサーフィンを始めるにはもってこいの環境ですね。これから一年以内に、店内にカフェスペースを作ることを予定しているそうなので、さらに楽しめるスペースになりそうです。

kem030
kem053

大行列ができるカレー屋さん、シタール。全国のカレーを愛する人々が訪れる、千葉県のみならず日本を代表する名店です。お店の中には、ヒンドゥー教の神さまを祀っていたり、インドの家具を使用したりと、料理はもちろん、内装にもこだわりが。検見川の中にあるリトルインディアのような空間に、期待が高まります。

kem041

今回はランチの、タンドリーランチセットを注文してみました。カレーは4種類から選べますが、悩みに悩んでバターチキンに。甘口で食べやすいカレーです。ジューシーなタンドリーチキンも食べ応えがありました。ナンには、カレーはもちろん、自家製の黒蜂蜜と合わせて食べても美味しい。食後にはマンゴープリンをいただき、大満足のランチタイムでした。

kem016
kem017

869年に創建され、長い歴史を歴史を持つ、検見川神社。天然記念物の「君が代石」や「子授けの樫」など、なんだか縁起が良さそうです。

kem033

他には中町公園も。普通の公園だけど、綺麗でとても気持ちがよいのです。

kem011

新検見川駅から10分のアパート用地。検見川駅からは6分。千葉、稲毛、幕張、津田沼・・・総武線の通るエリアには、京成千葉線の駅もあることが多いですね。その中で、京成千葉線の駅よりも後にできた総武線の駅は新検見川だけです。2つの駅が利用できるようになったことで、周辺の生活環境は向上しました。
実際に歩いた検見川の街は、ここに新駅が出来た理由がよく分かる、にぎやかで素敵な街でした。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787