土地情報(販売終了)千葉県柏市あけぼの3丁目

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

千葉の渋谷 柏

JR常磐線と東武アーバンパークラインが乗り入れている、柏駅。東葛地域のみならず、千葉県でも有数の商業拠点となっています。千葉県内や茨城県から多くの人が買い物に訪れ、「千葉の渋谷」と称されることも。若者の姿も目立つ、にぎやかな駅です。
大きな駅だけあって、駅前にはなんでも揃っていて便利な柏の街ですが、駅から少し離れたところにも、たくさんの素敵なスポットがある、大きくて広い街でした。

ake039

柏の駅前

実は日本で初めてペデストリアンデッキが建設された駅でもある、柏駅。
駅前には便利な商業施設が揃っており、特に「柏高島屋ステーションモール」は、いつもお買い物客でごった返しています。東口の柏駅前通り商店街や二番街商店街など、商店街もいつも賑やか。若者はもちろん、お年寄りでも暮らしやすいのが柏の魅力ですね。

ake001

駅前の温度感は夜になっても変わりません。
柏駅前は、路上ライブのメッカとしても有名です。紅白歌合戦に出場したバンドもこの場所から輩出されました。

ake021

柏レイソル

地元の人々から愛される、柏がホームタウンのサッカークラブ、柏レイソル。ホームスタジアムの日立柏サッカー場(通称・日立台)まで続く道は、レイソルロードと呼ばれ親しまれています。今年も柏の街を熱くして欲しいですね。

ake020

裏の柏、ウラカシ

東口から少し離れた旧水戸街道付近の、おしゃれなお店やおいしいお店が揃うエリア。1997年頃から、当時流行していた裏原になぞらえ、ウラカシと呼ばれるようになりました。
これから、ウラカシのおすすめスポットを紹介していきます。

ake050
ake047

ウラカシ発祥の地である三丁目エリア。草分け的存在「Freak's Store」の跡地には、Gleeful(グリーフル)というお店があります。最初は、古着と雑貨のお店でしたが、いまではカフェも併設されました。ウラカシの象徴ともいえるお店です。

ake056

「ゆっくりコーヒーを飲みながら楽しくおしゃべりをして、アメリカのアンティーク雑貨やファニチャー、古着に触れることが出来る場所。夜はお酒を飲むことまで出来る大人の遊園地のような場所。」
Gleefulは、オーナーが目指す場所そのものでした。

ake060
ake064

セレクトショップ、Laid back(レイドバック)。人気の国内ブランドを中心に、おしゃれな服や小物を広く集めています。中にはオーナーが海外から直接買い付けた、日本ではあまり見かけないインポート物も。店のブログも要チェックです。

ake070
ake071
ake075

下駄の鼻緒工場だった古民家風の建物は今では、隠れ家ハワイアンカフェになりました。HANAO CAFE。パンケーキがお店の名物です。酒々井プレミアムアウトレットに2号店を出店するとのことなので、それも楽しみですね。

ake080
ake083

Bal CHATEO kashiwa(バル・チャテオ・カシワ)。美味しい料理と厳選されたワインが味わえる、スペインバルです。この店のこだわりは、美味しくて体にやさしい野菜。自家農園も所有し、有機農法で栽培された野菜のみを使用しています。約10坪の小さな空間に、オーナーのこだわりがたっぷりと詰まったお店です。

ake030
ake029
ake038

チャテオと姉妹店の八百屋レストラン、Table beet(テーブルビート)。自家農園で栽培された有機野菜は、こちらで販売されています。この店のように、野菜にこだわるお店が増えてくれたら嬉しいですね。

ake091
ake094

ウラカシのランドマーク、柏神社。古くから天王様といわれ、柏の人々に親しまれてきました。境内にそびえる、イチョウは樹齢400年とのこと。初詣や節分のときには、大勢の人でにぎわいます。

ake098

アパート用地です。柏駅まで徒歩10分。
アパート用地のまわりもまた、駅前やウラカシとは違った魅力があります。静か過ぎず、うるさ過ぎず。住むのにはちょうど良い場所なのではないでしょうか。
ファッションビルや商店街など、便利な場所が揃う駅前と。こだわりを持った個人商店が多く並ぶ、駅の外れ。柏の街は想像以上にバリエーションが豊富で、表も裏も大満足の街でした。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787