土地情報(販売終了)神奈川県川崎市多摩区登戸新町

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

ドラえもんの街 登戸

新宿駅から電車で16分、遠いようで近い、そんな言葉がピッタリなベッドタウン「登戸」。
小田急小田原線とJR南武線が乗り入れるターミナル駅なので、都心・郊外へのアクセスはともに抜群で、いつも多くの人が行き交ます。
最近の明るい話題は、小田急線のダイヤ改正(2018年)によって、新たに快速急行が停車するようになりました。
駅周辺では大規模な区画整理事業も行われ、これからの更なる発展も期待できそうです。
そんな、老若男女、幅広い世代から支持を集める人気の街、登戸を紹介します。

登戸駅

登戸の魅力として真っ先に思い浮かぶのが交通の利便性の高さ。新宿、下北沢、川崎、立川・・・著名なターミナルだけでなく、千代田線、常磐線とも直通しているので、日比谷や大手町などの都心部、さらには松戸、柏方面にも乗り換えなしでアクセスすることが可能です。登戸はスーパーや飲食店などの便利スポットも充実しています。

藤子・F・不二雄ミュージアム

2011年にオープンした藤尾・F・藤子ミュージアム。「ドラえもん」をはじめとした藤子プロ関連作品の漫画原画などを展示しています。今や登戸を代表するスポットになり、2016年には開業5周年を記念し登戸駅の接近・発車メロディーも「ドラえもんのテーマ」など藤子プロ関連作品の主題歌に変わりました。


登戸のおすすめスポット

藤子・F・不二雄ミュージアムだけでなく、登戸にはたくさんのおすすめスポットがあります。いくつか取り上げてみましょう。

アジアンダイニング Q:U (クー)

アジア各国の料理やビールを楽しめる、アジアンダイニング Q:U。駅前にあるので、仕事帰りにフラッと立ち寄れるお店です。料理の味はもちろん、店内はおしゃれな雰囲気なので、デートのような大事な場面にもピッタリ。パクチーだって好きなだけ食べられます。

SAKAI Bakery(サカイベーカリー)

美味しいパンが食べたいときは少し足を伸ばして、SAKAI Bakery(サカイベーカリー)へ。店内のパンも雰囲気もかわいくて良い感じです。数は少ないながらも、どれも一度食べたら、ヤミツキになります。新製品も度々登場するので、動向から目が離せませんね。

登戸第1公園

登戸といえば川崎市最大の公園、生田緑地を思い浮かべる人も多いことでしょう。生田緑地はもちろん、身近なところにもたくさん公園はあります。たとえば登戸第1公園。第1公園ということは第2公園や第3公園もあるのでしょうか。

多摩川

この街を語るうえで、多摩川にも触れずにはいられませんね。川沿いを散策するのも良いし、ジョギングやサイクリングにも最適です。こんなスポットがあれば、毎日健康に過ごすことができますね。

登戸駅からアパート用地までは徒歩13分、落ちついた住宅街の中にあります。
都心へのアクセスの良さなど、便利な側面にスポットライトが当たることが多いですが、田舎薫るのどかな雰囲気というのも登戸の魅力です。この程よいバランスが選ばれやすさの理由でしょうか。
駅前で行われている区画整理事業など、変わっていくであろうこれからの登戸にも期待しましょう。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787