土地情報(販売終了)東京都渋谷区笹塚3丁目

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

京王線最古の駅 笹塚

甲州街道、江戸日本橋から数えて最初の宿場、内藤新宿。人・物資・情報・文化の集積地として機能し、江戸と地方とをつなぐ、重要な役割を担っていたそうです。
そんな内藤新宿から1里のところに、一里塚(旅人の目印として1里ごとに築かれた塚)がありました。その塚は笹やぶで覆われいたので、「笹塚(幡ヶ谷村笹塚)」と名付けられました。
それから江戸幕府が倒れ、明治、大正、昭和時代を経て時は平成30年。大政奉還から150年、今の「笹塚」をのぞいてみましょう。

京王線 笹塚駅

江戸時代、移動手段といえば、甲州街道を歩くか馬に乗って移動するかでした。今は電車という便利な乗り物が誕生したので、歩くと半日近くかかる八王子へも京王線に乗れば、40分とかかりません。電車に乗っているだけで千葉方面さえも1本で行けるようになったので、便利な世の中になりました。新宿まで歩いてすぐに行けるのは、今も昔も変わりませんね。

目印からの今

今や笹塚といえば周辺一帯は住宅街で、一人暮らしをする人にも人気の街です。周辺に拠点を置く企業も多く、かつてはマイクロソフトの日本法人やベイスターズの親会社ディー・エヌ・エーも本社を構えていました。近年は駅周辺で再開発が進み、2015年「メルクマール京王笹塚」という大型複合施設がオープンしました。“メルクマール”とはドイツ語で「目印」を意味で、一里塚だった笹塚を象徴しているようなスポットです。

商店街の残る街

再開発が行われたこともあり、商業化の著しい笹塚の街ですが、周辺には古くからの商店街も広がっています。笹塚周辺には全部で7つの商店街があり、それぞれが賑わいを集めています。


笹塚の気になるスポット

笹塚駅のまわりは東西南北どこにも魅力がいっぱい。そんな中でもひときわ目を引くおすすめスポットを紹介します。江戸の旅人は一里塚で現在地を確認していましたが、今はお店や公園などを通して自分の現在地を確認することができます。

patisserie diamond(笹塚ダイヤモンド洋菓子店)

笹塚で長く愛されているケーキ屋さん、笹塚ダイヤモンド洋菓子店。小さなお店ですが、たくさんのケーキや焼き菓子を取り揃えています。なかでも笹塚の名を冠した「笹塚ポテト」「笹塚ロール」が手土産にもおすすめな逸品。毎月第3金曜日の15時からはタイムセールが開催されていて、人気のケーキを安くお得に買うことができます。

Pieni Joki Coffee(ピエニヨキコーヒー)

高知に姉妹店があるスペシャルティコーヒー専門店、Pieni Joki Coffee(ピエニヨキコーヒー)。北欧のようなスタイリッシュな空間です。厳選された豆から淹れたコーヒーはもちろん、自家製ホットドックも美味しいと大評判。となりでは同じオーナーさんによる、バルも営業しています。

東京 世田谷 升本屋

笹塚駅の北口方面、世田谷区内にある、お酒と食料品のセレクトショップ、升本屋。手土産として人気の「塩みつかりんとう」は、紙袋に手書きでメッセージを入れることができます。お祝いや感謝の気持ちを伝えるときに活躍してくれそうですね。もう1つの看板商品「笹塚ビール」との組合わせも最高。お店の看板商品で、世田谷区産業振興公社からも「世田谷みやげ」として認定されています。

幡ヶ谷第三公園

長細い形が特徴的な、幡ヶ谷第三公園。イベントも時々行われ、特に毎年開催されている夏の一大イベント「盆踊り」は、毎年大盛況。「渋谷音頭」をみんなで踊ると楽しくなれるものです。

アパート用地は、中野通りから1本入った路地の中にあります。渋谷区内なので騒がしい立地なのかと思いきや、とても閑静な雰囲気で、落ち着いた日常を送ることができそうですし、当然ながらコンビニやファミレスなどの周辺環境も充実しています。
徒歩圏内は京王線の笹塚駅と幡ヶ谷駅ですが、中野通りからは新宿駅や渋谷駅、中野駅行きのバスも出ていますし、自転車があれば丸ノ内線や小田急線の駅にもグッと近づきます。
江戸時代に比べて交通の便は格段に良くなりましたが、さらにそれを凌ぐ勢いで、街そのものの魅力が高まっているような気がします。
江戸から平成、さらにその先の時代も、この街は多くの人にとって、選択肢の1つにはなってくるでしょうね。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787