土地情報(販売終了)神奈川県川崎市川崎区小田4丁目

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

戦略的新駅 小田栄

横浜市と東京都に隣接する150万人都市、川崎市。
日本の大都市で最も人口増加率が高く、平均年齢が低い都市だそうです。
その川崎市のなかでも人口増加が著しい街といえば、武蔵小杉が有名ですが、同じく急激に人口が上昇しているのが小田栄エリア。
ここ十数年のあいだにショッピングセンターや大型マンションなどが相次いで建設され、ついには新駅まで誕生しました。
それが、JR南武支線の小田栄駅。JR東日本と川崎市主導で計画された「戦略的新駅」に分類され、計画から開業まで、わずか半年のあいだに実現したことでも話題になりました。
今回は新駅誕生の熱気冷めやらぬ、小田栄エリアについて今回は紹介します。

小田栄駅

2016年3月に開業した川崎市待望の新駅、JR南武支線 小田栄駅。工場の跡地に大規模なマンションが建設されたことで、飛躍的に人口が増加し、インフラ整備の必要に迫られたのが、新駅誕生の背景にあります。駅名は「小田栄」「小田川崎」「小田弥栄」の3案の投票で圧倒的支持を集めた「小田栄」が選ばれました。
周辺住民の交通手段は、今も昔もバスがメインですが、小田栄駅の誕生によって、都心への所要時間がさらに短くなるなど、利便性が向上しました。

買い物が便利

工場跡地に建設されたのは、大型マンションだけではありません、2000年にはイトーヨーカドー、2014年にはコーナンモールが誕生したように、ショッピングセンターも建設されています。おかげで買い物は格段に便利になり、人が増え便利になり、さらに人が増えるという、好循環をもたらしています。

スーパー、ホームセンター、家電量販店、本屋、100円ショップ・・・ショッピングセンター内には様々なジャンルのテナントが入り、いつでも選り取りみどりの状態。さらにショッピングセンター以外の路面店にも恵まれているので、生活環境としては申し分ありません。

小田銀座商店街

小田栄駅の南側には、地元に根付く、小田銀座商店街(マイロード小田)もあります。商店街の公式ホームページによると、全部で100件近いお店が軒を連ねているそうです。飲食店はもちろん、美容院やCDショップなど、生活に関するお店も多数あるので、大型ショッピングモールがなくても、この商店街だけで完結することができます。


小田栄駅周辺スポット

次は地元の人しか知らない、小田栄駅周辺のおすすめのスポットを紹介します。

パン屋のぱんじー

市電通り沿いのブーランジェリー、パン屋のぱんじー。ウォールペイントを施した外観から、遠くからでも一目でお店があると分かります。店頭にはオーソドックスなパンが多く並んでいますが、なかでも特に、米油で揚げたカレーパンや近所の肉屋とコラボしたコロッケパンが人気のようです。黄色いパンジーの花言葉「つつましい幸せ」、そのままの空間でした。

Cafe i(カフェあい)

居酒屋を引き継いで誕生した新しい喫茶店、i Cafe(アイカフェ)。仲のよいご夫婦によって営業している、アットホームな空間です。店内に一歩足を踏み入れれば、きっと日々の疲れも癒してくれることでしょう。

オアシス インドレストラン

商店街の一角にある、オアシス インドレストラン。本格的なインド料理のお店なので、一瞬躊躇してしまうかもしれませんが、初めてでも入りやすい清潔感のある雰囲気です。ライスとナンはおかわり自由で、カレーの種類や辛さもお好みに合わせて自由自在。さらに持ち帰りだってすることができます。

小田公園

小田公園は、住宅街のど真ん中にある公園。軟式野球場やじゃぶじゃぶ池広場など園内の設備はかなり充実しています。遊具も充実しているので、子どもたちからも大人気の公園です。

こちらの土地が今回のアパート用地。小田栄駅と川崎新町駅の中間地点にあります。小田商店街や小田公園にも近いので、そこそこ賑やかな良い立地。この場所にIoTデバイスの搭載された最先端のアパートが建つ予定です。こちらのアパートに住んだあかつきには、普通のアパートでは考えられないような、夢のような未来が待っています。
そしてこのあたりの生活環境の向上も著しいです。工場跡地にショッピングセンターと大型マンションができて、新駅ができて、さらに人が増えてお店が増えて・・・と。そんな感じで、これからのさらなる発展が期待できるエリアではないでしょうか。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787