土地情報(販売終了)東京都葛飾区柴又1丁目

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

寅さんの街 柴又

東京都葛飾区にあるわずか2.5kmの単線、京成柴又線。それぞれの駅で京成本線、成田アクセス線、北総線、JR常磐線と接続します。
その金町線の中間駅が、人気シリーズ「男はつらいよ」の舞台でもある「柴又」。駅を出ると車寅次郎こと「寅さん」銅像が出迎えてくれます。そして寅さんの視線の先には、今年建てられた妹のさくらの銅像。映画のワンシーンを思い出すような駅前の光景をはじめ、柴又の街は、寅さんの時代と変わらない佇まいの下町人情の街でした。

柴又帝釈天

柴又といえば、寅さんと柴又帝釈天。柴又駅から柴又帝釈天までは参道がのびていて、名物草だんご屋や、うなぎ屋、焼き鳥屋などのお店が軒を連ねています。「男はつらいよ」シリーズにも登場した、寅さんゆかりのスポットも数多く、今でもたくさんのファンが多く訪れています。

そして参道の先には、寅さんゆかりのお寺、柴又帝釈天。1629年に創建された日蓮宗の寺院で、初詣など、多くの参拝客を集めています。庚申信仰が有名ですね。

矢切の渡し

細川たかしのヒット曲でも有名な、都内で唯一の渡し船、矢切の渡し。昭和世代ならご存知ですよね。葛飾区と対岸の松戸市を、片道5分ほどでゆっくりと運行しています。


柴又のおすすめスポット

柴又はどこまでも昭和な街でした。

ハイカラ横丁

むかし柴又にはたくさん駄菓子屋さんがありました。そんな時代を再現しているスポットが、ハイカラ横丁。駄菓子だけでなく、おもちゃのコーナー、ピンボールや射的場まで備え、昭和世代はもちろん、平成世代もどこか懐かしさを覚えてしまいます。2階には、貴重なおもちゃを集めた、おもちゃ博物館が併設。昭和にタイムスリップしてみましょう。

セピア

お店に足を一歩踏み入れると、そこは昭和レトロな世界。喫茶店セピアも、店主のこだわりが詰まった、昭和スタイルのお店。陸奥A子の「ミルキーセピア物語」が店名の由来で、築50年の洋品店を改装しています。雑貨はもちろん、ナポリタンやホットケーキなど、メニューも昭和の喫茶店の定番。店内BGMも昭和の歌謡曲が流れる昭和そのものの空間です。

PIZZERIA luna e Dolce(ピッツェリア ルナ エ ドルチェ)

もちろん、昭和レトロなスポットばかりではありません。柴又で唯一のミシェランガイド掲載店、PIZZERIA luna e Dolce(ピッツェリア ルナ エ ドルチェ)は、本場イタリアの薪窯で焼いた本格ピッツアを楽しめるお店。オーナーは柴又生まれ柴又育ちながら、イタリアナポリピッツア職人協会認定職人。バニラジェラートをピザ生地で挟んだ、「ルナチョッペ」というデザートもおすすめです。

山本亭

大正ロマンの山本亭。カメラメーカー創設者である、山本栄之助の邸宅です。葛飾区の登録有形文化財に指定されているだけでなく、アメリカの日本庭園専門誌のランキングでは3位にランクインしました。当時の流行である洋風建築を取り入れた和洋折衷の建造物と、書院庭園は人々を惹きつけてやみません。

アパート用地は、柴又駅と、葛飾区屈指のターミナル、京成高砂駅が徒歩圏内です。柴又は言わずもがな、高砂の駅前にも大きなイトーヨーカドーがあったりして、生活がしやすそうだと思います。タイプの違う2駅が利用できると、選択肢も広がります。
今回は柴又駅の周辺を紹介しました。この街はいつも賑やかで、イベントも多く、楽しく暮らすことができそうです。人生一回、寅さん「男はつらいよ」の世界を生きてみるのも悪くありませんね。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787