土地情報(販売終了)東京都武蔵野市吉祥寺北町4丁目

SOLD OUT

※この土地の販売は終了致しました。

次に住みたい街 三鷹

人気の中央線エリア、JR中央線 三鷹駅。「住みたい街」として全国区の知名度を誇る「吉祥寺」のとなり駅です。乗降客数は近年増加傾向にあり、10万人に迫る勢い。新宿駅まで約20分と、都心へのアクセスも抜群。中央特快が停まる、東西線と総武線の始発電車がある、といったように、吉祥寺にはないメリットもたくさんあります。
多くの人が利用する駅だけあって、駅周辺はかなり栄えていながら、緑が多く住環境も魅力的。この街には何があるのか、早速歩いてみました。

写真・三鷹駅北口駅舎

三鷹駅

「緑+水+文化」がテーマの三鷹駅。駅舎も駅ビルも数年前にリニューアルしたばかりです。駅舎は、駅前の雰囲気によっく合った上品な佇まい。駅ビル「アトレヴィ三鷹」はスーパーもスタバなどが入っているので、普段からよく使います。

写真・北口方面

北口と南口、三鷹駅2つの出口はそれぞれ、武蔵野市と三鷹市の分かれ目でもあります。北口は武蔵野市への入り口で、三鷹市方面の南口と比べて、上品で落ち着いた印象。緑も多くて文化的で洗練されています。一方の南口も、駅前に商店街が形成され、活気ある印象。再開発の商業ビルも駅前にはあります。ちなみに三鷹の森ジブリ美術館があるのも、南口のほうです。

写真・北口方面のお店

今回は武蔵野市側の北口方面に歩いてみます。特に大きな商店街はないですが、スーパーからカフェまで、周辺スポットは充実しています。チェーン店もがあるので生活に不便することは無さそうですが、北口の魅力はなんといっても個人店が多いことですね。


三鷹駅北口の寄り道スポット

アパート用地に向かって寄り道しながら歩いてみるも、面白そうなお店がとにかく多いので、どこに入るか結構悩みました。

Cafe Schnurrwarz(カフェ シュヌルバルツ)

北口方面のメインロードは、三鷹通り(中央大通り)。お店や公共施設が立ち並ぶ中で、ギャラリーカフェ、Cafe Schnurrwarz(カフェ シュヌルバルツ)がおすすめです。店名はドイツ好きのオーナーが名付けた、ドイツ語で「黒ひげ」という意味の造語。心地よい音楽が流れる店内では、コーヒーやランチだけでなく、イベントや展示を楽しむことができます。まさに「ゆるり満たされるカフェとゆったり空間」というコンセプトの通りでした。

yomo(羊毛)

さらに三鷹通りを歩いていくと、自然派カフェ、yomo(羊毛)が。各地から仕入れたオーガニックな食材を使っています。アットホームな雰囲気なので、とても居心地が良いです。注文はキッシュもしくはベーグルのセットにしておくと、外すことはないでしょう。

中央通り公園

大通りには緑も豊か。三鷹通りなのに、中央通り公園という、地元の人しか知らないような静かで落ち着く公園があります。暑いときでもこの公園に来ると涼しくなった気がしますね。

hosanna cafe(ホサンナカフェ)

mitaka_ 041
mitaka_ 038

三鷹通りでなくても、こんなオシャレなカフェがあります。おしゃれ女子からお仕事男子まで、みんなの溜まり場、hosanna cafe(ホサンナカフェ)。珈琲通の中では評判の京都の有名店から取り寄せた豆を使用するなど、コーヒーにかなりこだわっています。Wifiとコンセントもあるので、作業したいときにもおすすめです。

mitaka_-010

武蔵野市側である三鷹駅北口から徒歩14分のアパート用地。市民会館や図書館が近い、文化的なエリアで、成蹊大学も近くにあります。少し頑張れば吉祥寺駅まで歩いて行くこともできるのが、嬉しいポイントです。大通りにはバス停もあるので、バスという選択肢もあるし、自転車でも良いかもしれません。そう考えると、休みの日なんかは、気軽に遊びにいけますね。
今回歩いた三鷹駅周辺の街は、チェーン店も個人店も、お店が充実していて、緑も多いから、生活環境がとても良い街という印象です。「住みたい街」では吉祥寺ですが、「住みやすい街」なら三鷹のほうに軍配が上がるかもしれません。そういうことが世の中に認知されるようになれば、近い将来自ずと「住みたい街 三鷹」と言われることも増えてくるでしょう。
ちなみにこの物件なら住所は吉祥寺で、最寄り駅は三鷹なので、「住みたい街」と「住みやすい街」どちらともいえますね。

その他の土地情報

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787