大阪の特区民泊で導入決定!
旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」
民泊関連サービスを展開するVSbiasと提携

2017.11.24

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社iVacation(代表取締役:大城崇聡、以下iVacation)は、株式会社メタップスの子会社であり、民泊運営サポート等のサービスを展開する株式会社VSbias(本社:東京都新宿区/代表者:留田紫雲、以下VSbias)と提携し、VSbiasが大阪府の国家戦略特別区域において運営を行う民泊施設に、iVacationが開発を行う「TRIP PHONE」を導入することが決定いたしましたのでお知らせします。

大阪府の特区民泊施設に「TRIP PHONE」の導入

iVacationは国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業において運営される「Commune九条」に「TRIP PHONE」を導入いたします。「Commune九条」は、2017年10月にオープンした、VSbiasが企画運営を行うスマートチェックインやAIを運営に活用した無人型宿泊施設で、2017年11月には既に稼働率が80%を超えるなど、好調な稼働率となっております。当施設への「TRIP PHONE」の導入により、IoTを活用した多言語(日・英・中(繁・簡)・韓)対応のコンシェルジュサービスや、利用者向けコンテンツの提供など、無人運営施設にはないサービスを付加することで、宿泊者の満足度の向上を図ることが可能になります。
iVacationにおきましては、今回の導入を機に大阪府の特区民泊施設への導入を加速し、サービスエリアの拡大と充実を図ってまいります。

<導入施設概要>
宿泊施設名:ベストレジデンス九条
住所   :〒550-0022 大阪府大阪市西区本田2-8-5
宿泊人数 :4名まで

「TRIP PHONE」の事業者向けレンタルサービスについて

「TRIP PHONE」では、多言語対応のトリップコンシェルジュが、施設のフロントスタッフに代わり、24時間チャットにて観光案内やレストラン予約、タクシー手配など、旅行中のサポートや宿泊者の要望に応えます。
事業者は「TRIP PHONE」をレンタルすることにより、コンシェルジュサービスを付加することができ、訪日外国人対応のための人員や専用コンシェルジュを常駐させることなく、満足度の向上や他施設との差別化を図ることができます。

※チェックイン/チェックアウトなど、宿泊施設に関する業務は通常通りフロントでの対応となります。

「TRIP PHONE」サイト:https://www.tripphone.jp/


「TRIP PHONE」のコンシェルジュアプリで、利用者の行動データを可視化

iVacationは、IoTデバイス「TRIP PHONE」を活用した多言語対応のトリップコンシェルジュのチャット対応や、テザリング、翻訳機能、観光音声ガイド機能などのゲスト向けのサービスの提供、また、民泊運営やサービスの改善・向上を図るため、旅行者の属性や行動履歴などを収集、可視化を行う民泊におけるデータエクスチェンジサービスの提供を行います。
データエクスチェンジサービスは、「TRIP PHONE」の貸し出しを行うホテルなどの宿泊施設や旅行代理店への提供も可能で、今後収集データの幅を広げ、蓄積したデータを統合的に集積・分析可能な、データエクスチェンジプラットフォームの構築を目指します。

VSbias概要

社名    :株式会社VSbias
設立    :2015年11月2日
株主    :株式会社メタップス(100%出資)
資本金   :5,030万円(資本準備金含む)
代表者   :留田 紫雲
所在地   :〒163-6012東京都新宿区西新宿6丁目8-1-30F
事業内容  :・ビッグデータ解析による民泊運営サポート「エアリノべ」の運営
       ・宿泊施設の収益化ツール「baberu」の運営
       ・民泊投資に特化したシンクタンク「民泊総合研究所」運営

報道関係者様のお問合わせ先

インベスターズクラウド 広報課
TEL:03-6721-0720 MAIL:pr@e-inv.co.jp