土地にかかる税金の種類を知ろう

これから土地を購入する場合、土地購入時、土地の維持において税金の支払いが発生します。土地購入時の税金は1回のみですが、土地の維持にかかる税金は毎年発生します。

そして、忘れてはいけないのが「更地」や「不動産投資が赤字」でも一定額発生するという点です。

土地購入時にかかる税金

土地購入時にかかる税金としては、

・不動産取得税
・印紙税
・登録免許税

の3つがあります。

・不動産取得税

不動産取得税は土地を取得したことに対して課税される税金です。土地を買ってアパートを建てることを前提で考えると、

 (固定資産税評価額×2分の1×3%)-控除額=不動産取得税

となります。

例えば、固定資産税評価額が3,000万円の土地で控除額を考えずに計算すると、

 3,000×2分の1×3%=45万円

となります。金額が大きいので注意する必要があります。

・印紙税

印紙税とは印紙代と考えてください。土地の売買契約書に貼りますが、貼らずに放置しておき、将来税務署が調査に入った場合、最悪のケースでは印紙代を3倍支払うことにもなりかねません。契約の際は忘れずに貼りましょう。

売買代金によって段階的に納税額が増えますが、金額は1万円か3万円となるパターンが多いでしょう。

・登録免許税

これは、土地の所有権移転をする際に支払う税金です。基本的には土地の固定資産評価額の2%となりますが、軽減税率期間中であれば1.5%となります。

例えば、固定資産評価額が3,000万円の土地では通常60万円必要となります。こちらも金額が大きいですので、仲介会社や司法書士に確認をとるようにしましょう。

土地の維持にかかる税金

土地の維持には、固定資産税と都市計画税という2つの税金がかかります。

・固定資産税

固定資産税評価額×1.4%で計算します。

ただし、賃貸住宅のような建物を建てると建物面積によって、税率が1.4%の6分の1、3分の1と軽減されます。更地にすると1.4%かかりますので、「更地の税金は高い」という理由はこのような制度にあります。

・都市計画税

税率は市町村によって変わる場合があるので、一般的な数字をご紹介します。固定資産税評価額× 0.3%と計算します。

こちらも、0.3%から3分の1軽減される方式を採用しているので、アパートを建てた場合には税金は安くなるとイメージしてください。

あらかじめこのような知識を得ていれば、土地購入時や購入後に税金の額や種類の多さに驚くこともないでしょう。これから土地を購入する予定のある方は、ぜひ参考にしてください。

税金

控除を活用してアパート経営で節税を

消費税増税がアパート経営に与える影響は?

教えて!サラリーマンの家賃収入は申告が必要なの?

消費税が10%に上がれば、不動産購入にも影響アリ!

サラリーマン大家の節税対策!しっかりとポイントを抑えよう

不動産を買ったら必ず発生する?「登録免許税」について

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787