違いは?メリット?事業用不動産経営のアレコレ!

これから資産を築こうと考えている方の多くが事業用不動産の取得を考えることでしょう。自分の給与とは別に家賃収入を得ることが可能な不動産投資はとても魅力的です。

今回は、「自己居住用不動産との違い」、「事業用不動産を購入するメリット」についてご紹介します。

自己居住用不動産との違い

事業用不動産と自己居住用不動産の違いは3点あります。

1.賃料を得ることができる

事業用不動産を所有すれば借主からの賃料を継続的に得ることができます。しかし、自己居住用の場合は賃料を得ることはできません。

2.経営者としての立場となる

事業用不動産の場合は所有者という立場だけではありません。「不動産所得」という賃貸収入を得ることになりますので、個人事業主となります。

目に見える事業を立ち上げたわけではありませんが、「経営者」という立場と同じです。しかし、自己居住用の場合はマイホームの所有者という立場のみです。

3.さらに事業用不動産を取得できる可能性がある

事業用不動産の場合、融資において金融機関が重視するのは物件の資産価値と収益率の高さなどです。資産が高く収益率も良好な物件であれば、2棟目の物件もローンを組める可能性が出てきます。

しかし、自己居住用の場合は収益を生み出すわけではありません。したがって、基本的には2件目のマイホームを手に入れるためのローンは組むことはできません。

事業用不動産を購入するメリット

事業用不動産を購入するメリットとしては2点あります。

1.利回りにより資産を素早く増やすことができる

利回りとは、「いくら投資して何%利益が出たか」という収益率を意味します。

仮に投資信託に1年投資しても2%だが、事業用不動産であれば場所にもよりますが、5~7%程度の利回りとしましょう。

1,000万円の投資では投資信託で20万円しか資産が増えません。しかし、不動産投資では50〜70万円増えることになります。このように、事業用不動産に投資することは効率の良い資産構築方法と言えます。

2.個人事業主として経費を活用できる

先ほどもお話しましたが、不動産投資を行えば個人事業主となります。そうなると、賃貸経営に関する部分は経費として扱うことができます。個人事業主の場合は経費に関して幅広く認められる傾向にあります。上手く活用すれば、節税対策となります。

もちろんどのような不動産でもメリットが必ずあるわけではありません。しっかりと知識をつけ、吟味したうえで事業用不動産を購入するようにしましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787