アパート経営を行う際、連帯保証人の役割とは?

アパート経営者からすると、入居者の入居から退去まで、連帯保証人と何の接点も持たずに終わることが多いのではないでしょうか。そのような経験が多いと、連帯保証人の重要性が分からず、とりあえず入居者の親族になってもらえば良いだろう、と思いがちです。

今回は、連帯保証人の役割や選び方についてご紹介します。

連帯保証人はどのように選べば良い?

連帯保証人とは、入居者が以下のような場合に責任を負わなければならない立場の人物です。

・家賃を滞納している
・退去理由に該当しているのに退去通知を無視している
・建物設備を壊したにも関わらず損害を賠償しない
・夜逃げした
・長期間部屋に帰らずに連絡がつかない

このようなケースに対して強い責任感を持ち、迅速に対応してくれる人物を連帯保証人に選びましょう。

アパートの賃貸借契約をする際は、管理会社や仲介会社に任せることが多いですよね。そこで、担当者に連帯保証人予定の人物の情報を提供してもらい、その情報をオーナー自身が確認しましょう。心配であれば連帯保証人を変更してもらった方が後々のトラブルを防げます。
また、担当者から「万が一入居者が問題を起こした場合は、適切な対応をしていただけますか?」と意思確認を取り、了承を得たうえで連帯保証人として契約を結ぶと良いでしょう。

経営においてどのような関わりを持つのか

連帯保証人の存在は、アパート経営においてリスク軽減措置と言えるでしょう。もし、連帯保証人を付けずに入居者によって損害を与えられた場合、家賃を回収できなかったり、自費で修理したりしなければなりません。そのような事態を防ぐための存在が連帯保証人なのです。
このように、連帯保証人はアパート経営者からすると保険と考えても差し支えないでしょう。例えば、火災保険や地震保険を契約する場合、最もメリットがある保険内容の会社を選びますよね。

連帯保証人も同じような感覚で選ぶことが大切です。万が一、入居者による損害額が50万円ほどに膨らんでしまえば、年間の総収益が減って経営にも悪影響を及ぼします。しかし、連帯保証人がその損害を負担してくれるのであれば、経営上大きな問題は生じません。

連帯保証人は、アパート経営における収益に関して、大きな影響を与えるものだと理解しておきましょう。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の魅力とは? そのメリット、デメリットを知り始め方を考える(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787