もっと収益を上げたい!アパート経営で2棟目を考えているなら

収益を上げるために2棟目のオーナーを狙うのであれば、「タイミング」と「1棟目よりも収益を上げる」ことを意識しましょう。

2棟目を手に入れたものの、赤字となれば1棟目の収益もゼロとなり得る可能性もありますので、タイミングを見計らう必要があります。

2棟目を検討するタイミング

2棟目のオーナーになるタイミングは、自分の気持ちひとつで決めるという方法では、失敗を招く可能性が高いです。
まず、次の3つの段階をクリアしているか確認しましょう。

1.目標の運用利回りを実現できる物件が見つかっている

2棟目を手に入れようという気持ちが強く、とりあえず売りに出されているアパートを購入するケースがしばしば見られます。その結果、「予想利回りが低めのアパートを経営してみたが、実際には利益がほとんど出なかった。」という失敗談は多いです。2棟目は、予想よりも収益が低くとも赤字にならない物件を見つけることが先決です。

2.金融機関と相談して快諾を得ている

アパート購入資金は、金融機関のローンを利用する場合が多いでしょう。アパート経営のような不動産投資ローンにおいては、オーナーの属性も大切ですが「物件の資産価値」と「収益を期待できるか」という2点が重要視されます。
仮に、金融機関の担当者が難色を示すようなアパートは、収益物件としての弱点が存在する可能性が高いのでおすすめできません。反対に、担当者が快諾するようなアパートならば、購入の検討を進めて良いでしょう。

3.1棟目のアパートに経営上の不安がない

最後に、現在経営しているアパートの経営が軌道に乗っていることが求められます。
もし、2棟目を購入後、1棟目のアパートに問題が出てしまうと、その対処と2棟目の円滑な経営を同時に行う必要があります。そのような経営はどうしてもリスクが高くなってしまいます。
1棟目の経営に現時点で不安がなければ、2棟目の検討を現実の話として進めていけば良いでしょう。

これら3つの条件をクリアしたタイミングが、2棟目を検討するタイミングです。

効率よく収益をアップさせるには何が必要か?

アパート経営において収益をアップさせるには多くの方法がありますが、基本としては「アパートを安く手に入れて」、「少しでも高い家賃で入居してもらう」という方法が王道です。
そのためには、

・自分で清掃をして清掃費を削減する
・駐車場代を別にとって収益を上げる
・退去が決まったらすぐに管理会社へ出向いて新たな入居者を探してもらう
・アパートが古い場合はリノベーションを行い高めの家賃をもらう

このように、一見地道な努力を怠らないことが、後々の効率的な収益アップにつながっていくのではないでしょうか。
一つひとつの取り組みは収益に大きな影響を与えませんが、年間を通じて見れば結果が出るという点を意識して、2棟目の経営ビジョンを抱いてください。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の魅力とは? そのメリット、デメリットを知り始め方を考える(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

収益

気軽にできる?ソーシャルレンディング型の不動産投資

アパート経営は家賃収入のほかにも収入源はあるの?

収入管理を楽に!家賃を引き落としにしたい

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

ワンルーム投資の実態!1棟経営の方が儲かる?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787