既に土地がある場合のアパート経営は有利?建てない方が良い場合は?

既に土地があるということは、当然「立地は決定している」という状況にあります。土地は動かせませんので、この点はメリットにもデメリットにもなります。今回はアパートを建てるメリットが大きい土地であるかを中心に見ていきます。

既に持っている土地にアパートを建てるとどんなメリットが?

メリットとしては3つあります。

1.固定資産税、都市計画税の支払いが減る

既に土地を所有しているのであれば、固定資産税と都市計画税を納付していることでしょう。アパートを建てた場合、更地の場合と比較すると3分の1~4分の1ほど税金の支払いが減ります。
土地の活用を全くせずに更地にしておくよりも、アパートを建てた方が固定資産税、都市計画税の節税となります。

2.相続税の支払いが減る

簡単に言えば、アパートを建てると所有者がお亡くなりなった後の相続時に「土地は貸家建て付地の評価減」、「建物は建物の評価減」となり、土地や建物の価値が低下します。そうなると、資産価値が下がるのと同じですので更地のままにしておくよりも相続財産として評価額が低くなり、結果的に相続税の支払いが減ります。

3.毎月賃料収入を手に入れることができる

この点が最も大きなメリットです。更地のままでは毎月1円のお金も手元に入ってきません。しかし、アパートを建てれば毎月数十万円の家賃収入が入ることになります。もちろん、空室の場合に家賃はもらえないというリスクもありますが、更地にしておくよりもアパートを建てる方が堅実な選択と言えるでしょう。

所有地の地価や周辺環境を見定めよう

ただし、注意する点が2つあります。

1.所有地の地価によりアパートを建てない方が良いケースもある

例えば、駅の横や立地が非常に良い土地の場合、アパートよりもマンションやオフィスビルを建てた方が良い場合があります。しかし、そのような資金がないという方は貸地として土地を貸して賃料収入とする方法もおすすめです。

2.入居者が見込める土地かどうかをチェックする

近所にアパートが多くあり、空室が目立つエリアや若い世代がほとんど住んでいないようなエリアは、アパートを建てても入居者が見つからない可能性があります。自分の所有している土地の周辺環境を調査して、アパート建築に向いている場所かどうかを判断することが大切です。

既に土地を持っている場合は、メリット・デメリットを把握したうえで判断するようにしましょう。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の魅力とは? そのメリット、デメリットを知り始め方を考える(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787