儲からないという声は真実なのか?アパート経営の実際

アパート経営関連の書籍やセミナーにおいては、もうかるという話が多いです。しかし、ネット上や体験談ではもうからなかったという話も少なくありません。

問題は、もうからなかった理由が必然か偶然かという部分を見極めることです。

なぜ もうからないと言われるの?

アパート経営がもうからない原因には2つのタイプがあります。
1つ目は、物件選びや会計、経営に関して何の勉強もせず適当に経営をスタートさせた場合です。このようなケースでは必然的に失敗して当然です。
2つ目は、しっかりと勉強して周りのアドバイスも聞き入れ経営をスタートさせたが、運悪く失敗するケースです。例えば、隣の町で急きょ大型商業施設や再開発が始まり、運悪く人口が流出したケース、通常では予測できない建物設備のトラブルが発生し損失が出たケースなど、偶然の要素で失敗する場合です。

もうからない場合、必然的な失敗によりもうけが出ないケースが大多数です。もちろん、偶然の要素でもうからないケースもありますが、それはほかの商売でもあり得ることです。
重要なのは、アパート経営では必然的な要因によりもうけが出ないケースが多くあるということです。
このような現実の話をまとめると、基本的な知識や準備を行わない経営者が多数失敗しているので、「もうからない」という印象を与えていると考えることができます。

始める前に気をつけたいこと

気を付ける点としては3点あります。

1.基本的な知識を必ず身につける
2.各専門家のアドバイスに耳を傾ける
3.あまりもうけが出なくても問題のない経済基盤であるかを確認する

1.基本的な知識を必ず身につける

「とりあえず良い物件を手に入れてから勉強しよう。」と考える方が多いです。このような考えでは、契約の時点で経営失敗のリスクを背負うことになりかねません。仲介会社のアドバイスに従えば良いという考えもありますが、わざわざリスクに関して声を大にして教えてはくれるとは限りません。自分の身を自分で守るために、基本的な知識はしっかりと身につけてください。

2.各専門家のアドバイスに耳を傾ける

アパート経営は不動産、会計、税金、建物管理などの知識が必要です。それらを自分で完璧に理解することは難しいでしょう。専門的な部分は税理士、管理会社などに相談して慎重なアドバイスをもらうようにすべきです。

3.あまりもうけが出なくても問題のない経済基盤であるかを確認する

常に満室経営でなければ経営が成立しないような危険性のある経営は厳禁です。一時的に少々の赤字が出ても、給与や貯金から手出しすれば何の問題のない経済基盤を持っている必要があります。

以上3点は、アパート経営の成功に必要な注意点として覚えておいてください。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の魅力とは? そのメリット、デメリットを知り始め方を考える(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787