アパート経営のリスク対策!火災保険について

近年、火災保険の種類も増えて細かい点まで気を配る必要が出てきました。経営するアパートがある地域や建物の構造などを把握したうえで、安くて補償が手厚い火災保険に加入しておきましょう。今回はリスクヘッジとしての火災保険について詳しくお伝えします。

火災保険の仕組みと必要性

火災保険とは、火災により建物に損害が出た場合に、損害補償金が支払われる保険のことです。さらに、火災だけではなく、落雷や水災、風災、ひょう(害)、雪災などの被害に対応する契約も可能です。想像はつくと思いますが、災害の種類を増やせばその分保険料も割り増しになります。

・所有しているアパートの地域が川の横ならば水災が補償される契約
・毎年のように台風が通過するのであれば、風災が補償される契約

というように、ご自分のアパートエリアで発生しうる天災を想定したうえで契約内容を決めましょう。

火災を含む天災は、いつ起こるか誰にも分かりませんので、火災保険は、必ず加入しておきたい保険といえます。万が一、加入せずに建物に大きな損害が生じた場合は、手持ちの資金だけでは到底足りません。

火災保険に加入しないということは、すなわち天災がきたら経営が破たんする可能性を持ちながら経営している状態だといえます。

以上のことから、火災保険はアパートを経営するうえで大変重要なものですので、契約内容を吟味したうえで価格と折り合いをつけて加入するようにしましょう。

火災保険の特約とメリット

火災保険には特約があり、加入者からは評判が良いです。そのなかでも、ぜひつけておきたい特約を2つご紹介します。

1.施設賠償責任特約
例えば、アパートの壁が崩落して通行人にけがをさせた場合、通常の火災保険では補償されません。当然のことながら、天災ではありませんのでオーナーが自費で責任を取ることになります。しかし、施設賠償責任特約をつけておくと、このようなケースでも補償対象となるメリットがあります。

2.家賃収入特約
アパートが火災や地震などにより大きな被害を受け、家賃が減ったりなくなったりした場合に家賃を補償する契約です。

このほかにも、さまざまな特約があります。アパートの状況に適した契約内容を考えておきましょう。

おすすめとしては、管理会社に次のような質問をすると良いです。

・物件所有エリアにあるほかのアパートオーナーがどのような火災保険に加入しているか
・建物の築年数、エリアから考えて火災保険にどのようなオプションや特約を付ければ良いか

このようなアドバイスを受けておくと、自分に適した契約内容を効率良く組めると思います。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の収益から見えてくる良い投資物件の基本中の基本とは(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787