学生に人気のアパート経営を行うには?

学生向けアパートの経営をする際、ファミリー向け、単身者向け賃貸と比較すると経営をサポートする管理会社が重要だといえるでしょう。管理会社に確かな実力がなければ、学生に人気の賃貸は不可能といえるほど、経営を左右する存在なのです。今回は、学生に人気に出るアパート経営に関して押さえておきたい知識やメリットをご紹介します。

学生に人気のアパートを経営するメリット

学生にターゲットを絞るメリットとして、以下の3つが挙げられます。

1.敷地面積が少なくてすみ、初期費用がかかりにくい
学生の多くは大学の近くに部屋を借りますので、自転車やバイクなどの交通手段さえあれば車がなくても問題ない、という入居者が多いです。この場合、全室分の駐車場の敷地を確保しなくとも十分入居者は集まってきますので、土地取得費用が少なくてすみます。結果として、初期費用がかかりにくい物件が多くなります。

2.物件のメンテナンス費用が少なくてすむ
学生の場合、外壁や室内の各設備についてクレームをつけるケースは少ないです。その分メンテナンスは最低限度でもアパート経営は可能ですので、出費を抑えられるというメリットがあります。

3.家賃滞納など悪質な入居者が少ない
学生といえば、多くは20歳前後の若者です。このような年齢層はお金を支払うのは当然と考えている方が多く、踏み倒したり騙したりという行動や考えに及ぶ人間は少ないといえるでしょう。

したがって、オーナー側は家賃滞納に頭を悩ませることは少ないはずです。

また、保護者を連帯保証人に加えて契約しておけば、万が一の場合保護者にも請求できるため、リスクがさらに軽減されます。

どうすれば学生に人気のアパートが経営できる?

学生向けアパートの経営は、エリア選びが重要な要素のひとつです。

経営を成り立たせるには、以下の2つを満たす必要があるでしょう。

1.学生が徒歩、自転車で通える範囲
2.そのエリアの管理、集客に強い管理会社を見つける

1については当然のことですが、アパートの価格が安いからと飛びついて、学校から遠い物件を購入してしまったというケースも少なくありません。

アパートから徒歩、自転車圏内に大学があるというセオリーは必ず押さえておきましょう。

2については、学生向けアパート経営における最大のデメリットともいえる、「卒業とともに退居する」というリスクをカバーするために必須だといえます。毎年訪れる卒業シーズンとともに、春前には空室が生まれます。管理会社が集客に強くなければ、その後入学してくる新たな学生を集客しそびれてしまうでしょう。そうなると、空室期間が長引いてしまい、空室率が高くなると赤字経営に陥ってしまいます。そのような失敗を招かないためにも集客・管理に優れた管理会社を見つけられるよう、事前のリサーチを万全にしましょう。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の収益から見えてくる良い投資物件の基本中の基本とは(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787