アパート経営の秘訣!?リノベーションをして、人気物件に変身させよう!

リノベーションをする場合に重要なのが、入居者が魅力を感じる仕上がりと費用の折り合いです。

アパートのオーナーが独りよがりな改装をしてしまったり、費用面を考慮せずに実行したりすると、赤字経営に陥ってしまうこともあります。

どんなリノベーションが人気?

賃貸アパートを探している入居者が重視する点は、主に以下の3つです。

1.デザイナーズ物件のように外装、内装がオシャレなアパート
外壁の塗装がコンクリート調であったり、部屋の壁紙がシルバー、または部屋により色を変えたり、広い空間と寝室の組み合わせでお客さんを呼んでも楽しめるような部屋などは特に好評です。このような部屋であれば築年数が古くても、床面積が広いため比較的割高の賃料設定であっても入居は決まりやすいです。

2.水回り設備が新しい
キッチンやバス、トイレなど水回りの設備をリノベーションしている物件は、特に女性や自炊をする方に人気が高いです。設備を高級にする必要はなく、少し広めのバスやキッチンに交換するだけでも魅力を感じてもらえますよ。

3.収納スペースが豊富
アパートの間取りは、例外を除けば特別広いものではありません。そこで、デッドスペースに収納部分を作ると、入居者は部屋をストレスなく利用できます。そのような収納家具は、市販ではなかなか扱っていませんし、細かい部分だからこそ、オーナーの配慮が感じられて喜んでもらえるでしょう。

リノベーションにかける費用はどのぐらいかかるのか?

リノベーション費用は、かけようと思えば際限なくかかってしまうものです。いくら入居者から好評だったとしても、それではアパート経営は成り立ちません。したがって、想定利回りを定めて、そのラインを達成するためには、いくらまでのリノベーション費用なら許容範囲内か判断する方法をおすすめします。

例えば、想定利回り8%なら○○○万円までの予算があると考えれば分かりやすいでしょう。さらに、物件の状態が、大掛かりなリノベーションを必要としているか、部分的な改修で良いかという判断も必要です。比較的状態の良いアパートであれば、クロスの交換や収納棚の設置程度で済むため、1戸10万円~20万円ほどで可能でしょう。

一方、状態が不良で水回りの交換や間取りを改装するとなると、1戸50万円以上かかる可能性も高いです。さらに、外装についても大小差はあれどリノベーションする必要があり、その分の費用は各アパートにおいて大きな開きがあります。いくつかの業者に見積もりを頼み、所有する物件の外装費はいくらほどかかるのか、という目安を計算してから検討しましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787