お得?損?アパート経営の繰り上げ返済

繰り上げ返済は、ローンの利息ではなく元金を減らします。主に2つのタイプに分かれており、毎月の支払額は変化せずに返済期間が短くなる「期間短縮型」と、返済期間は変化せず毎月の返済額が減少する「返済額軽減型」があります。

繰り上げ返済のメリット

メリットとしては以下の3つが挙げられます。

1.総返済額が減る
繰り上げ返済は元本部分を減らすので、利息分の支払いも減少します。

アパート経営の会計全般を税理士にチェックしてもらえばわかりますが、利息分の支払いが少なくなると総支払額も200万円以上減ることも珍しくありません。

2.借入額が減る
1つめと同じことではないか?と思われるでしょう。しかし、借入額が減るということは、自分の属性が高評価となります。したがって、教育ローンやカーローンなどを利用したい場合、有利になりやすいのです。

3.さらに1棟ねらう場合は金融機関からの評価が上がりやすい
金融機関としては、利息の支払いが利益につながるので、繰り上げ返済は喜ばしいことではありません。ただし、さらに1棟アパートを手に入れたくて、同じ金融機関から将来的に借り入れをするのならば話は別です。金融機関からはアパート経営の能力が高いと判断され、ローンを組みやすくなる可能性が高いでしょう。

繰り上げ返済の注意点

注意点としては以下の2つが挙げられます。

1.手元の現金が減る
繰り上げ返済を行うと、当然手元の現金は減少してしまいます。手持ち資金が少なすぎると、突発的な修繕や大規模改修、空室率が長期に渡って高いときなどは、アパート経営をするための資金が足りなくなる恐れがあります。

2.金利が低い場合はお金をほかの投資に活用した方が良いケースもある
現在、低金利のローンが数多く用意されています。一方、利率が4%~5%の投資商品も数え切れないほどあります。このような状況をもとに考えると、繰り上げ返済よりも高利回りの投資に資金を活用した方が良いケースがあるのも事実です。

低金利のアパートローンを組めた場合、「とにかく繰り上げ返済する」という考え方ではなく、利回りの高い投資を探したうえで、比較してみてはいかがでしょうか。

収益

気軽にできる?ソーシャルレンディング型の不動産投資

アパート経営は家賃収入のほかにも収入源はあるの?

収入管理を楽に!家賃を引き落としにしたい

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

ワンルーム投資の実態!1棟経営の方が儲かる?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787