アパート経営はするな!と言われるのは何故?

アパート経営は、初期費用もかかりますし決して簡単にできるものではありません。周囲からは「やめておけ」と諭されることも少なくないでしょう。

実際、失敗した経営者の方も多いと聞きます。ただ、その方たちの多くは良い物件情報を聞くやすぐ話に飛びつき、後先考えなかったゆえの必然的な失敗であることがほとんどです。

そこで今回は、アパート経営をする中で予想されるリスクや、それに対する解決策をご紹介したいと思います。

リスクは常にある

アパート経営に関するリスクは「ある」という点は事実です。

例として言えば、空室、家賃滞納、夜逃げ、建物の突発的な修理、火災や天災による損害などのリスクがあります。

ここで考えていただきたいのが、どんな物事にでもリスクがあるということです。

・サラリーマンであっても会社が倒産するリスク
・スポーツには怪我をするリスク
・ドライブには交通事故というリスク

などがあります。

大切なのは、リスクをいかにして解決できるか?何か打開策があるのか?と考えたうえで、実行できるかということです。

では、次項でアパート経営においてリスクを解決、打開できるかという点について見ていきましょう。

解決・打開策はあるのか

アパート経営でリスクに対する解決策、打開策はもちろんあるものの、費用がかかります。とは言っても、その分リスクを大幅に軽減できますので費用をかけてでも実行すべきでしょう。

具体的な内容とは以下のとおりです。

・空室などには家賃保証サービスの導入
・建物の状態が悪くなる前に定期的なメンテナンス費をかける
・手厚い内容の火災保険、地震保険を選択する
・誠実な対応をしてくれる管理会社を探して定期的に打ち合わせをする
・退去が決まったらすぐに広告等の手配指示を出す

このような手段によりアパート経営の王道の悩みである、空室を減らして建物の良好な状態を維持することが可能となります。

以上の内容をすべて実行するとなると、面倒と感じる方もいるでしょう。しかし、このような努力をしないアパート経営者は得てして失敗しやすいのも事実です。

アパート経営はリスクが大きい一面はあれど、今回お伝えしたような解決策、打開策があるという側面もあります。アパート経営は、すべきことをすれば成功しやすい事業という点を理解しておきましょう。

>>アパート投資で年収をアップしたい方へ

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の収益から見えてくる良い投資物件の基本中の基本とは(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

アパート経営とは?

瑕疵担保責任とは?どれくらいの期間適用される?

アパート経営における集金代行契約とサブリース契約の違い

木造アパートの耐震性は弱い?購入する前にチェックするべきポイント

容積率が超過するとはどういう意味?購入後の注意点

アパートの大家になりたい方が知っておくべき実態

サラリーマンが収入を増やすコツ!不動産投資のすすめ

最新記事

サラリーマン大家の節税対策!しっかりとポイントを抑えよう

瑕疵担保責任とは?どれくらいの期間適用される?

アパート経営における集金代行契約とサブリース契約の違い

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

木造アパートの耐震性は弱い?購入する前にチェックするべきポイント

TATERU 資料請求
TATERU 資料請求