収益物件で成功するオーナーになるためには

アパート経営は収益物件を購入すれば成功するという簡単なものではありません。成功するオーナーは物件購入前から購入後まで計画的な考えを持っており、「収益物件を手に入れること」を中心に考えているオーナーの成功率は低いと言えます。

収益物件から効率良く収益を得るには、満室経営を継続することが求められます。そのためには、手持ちのキャッシュをしっかり持ち入居者が住み続けるような物件としなければなりません。

アパート経営を成功させるためにも考えておくべきポイントを整理します。

自己資金の割合を高く?

収益物件を購入する際に「可能な限り自己資金の割合を多くするべき」という考え方があります。このように自己資金の割合を高めると、融資額が少なくなり利息の支払いも少なくなります。

たしかに、利息の支払いが少なければ手元に残るキャッシュが増えます。理論的に考えると、ベストな方法のように感じます。

しかし、現実にはあまりおすすめしません。
その理由ですが、収益物件に突発的な費用が発生する可能性が高いためです。

例えば、修繕費やリフォーム費用、エアコンなどの設備の交換、想定外に長期間空室が続いた場合など、手持ちのお金からローンの支払いをする。このような予期せぬ出費も起こりえると考えておきましょう。そのときに、自分の手元にあるキャッシュを利用して対応することになります。

もし、自己資金の割合を高くした場合、収益物件のトラブルによる金銭的リスクが大きいため、その部分を考えて自己資金の割合を決めましょう。

管理会社は良質なところを選ぶ

管理会社を選ぶ場合、コスト削減のために料金の安い会社と契約を結ぶというのはおすすめできません。

料金が安い会社に問題があるという訳ではなく、低料金の管理会社はその分利益も少ないためです。そうなると、従業員数も余裕がない状態で運営しているというケースも多く、入居者への対応が遅くなりやすい傾向にあります。

入居者からすると、大家さんと話すことはなく管理会社とコミュニケーションをとるので管理会社が大家さんのようなものです。その管理会社が入居後に建物の問題や要望などを対応しなければ、退去要因となりえます。

そうならないためにも、入居者が快適に住める環境を提供する管理会社を選びましょう。

建物の管理は怠らない

アパート経営では、収益物件の賃料が唯一の収益となります。つまり、アパートが商売道具です。
料理人が調理器具を大切にするように、アパートを大切にしておかなければ老朽化や設備の故障もしやすくなってしまいます。

そのための対策はアパート管理の徹底です。
定期的な清掃はもちろん、多少の費用はかかりますが配管や設備の点検を行い、早期に問題を見つけて修理をするようにしましょう。アパート管理をしっかりしていれば、入居者の方にもその気持ちが伝わり共用部分や設備を大切にしてもらいやすくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?収益物件で成功するためには、自己資金の割合や管理会社など考えることが多々あります。

自分自身で抱え込まずに、アパート経営に関する疑問点はお気軽にお問い合わせください。

>>アパート投資で年収をアップしたい方へ

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の収益から見えてくる良い投資物件の基本中の基本とは(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

収益

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

ワンルーム投資の実態!1棟経営の方が儲かる?

1棟目が2棟目の担保になる!?不動産投資の仕組み

不動産経営は利益を出せる?知らなければいけないポイントとは?

収益物件のなかでも優良アパートを探す方法!

最新記事

サラリーマン大家の節税対策!しっかりとポイントを抑えよう

瑕疵担保責任とは?どれくらいの期間適用される?

アパート経営における集金代行契約とサブリース契約の違い

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

木造アパートの耐震性は弱い?購入する前にチェックするべきポイント

TATERU 資料請求
TATERU 資料請求