アパート経営を始める時にどこで融資を受ける?

アパートを購入する場合は住宅ローンで購入することができません。
そのため、基本的にアパートローンを利用することになります。
ですが、住宅ローン、アパートローンなどの違いを知っておかなければ、金融機関の担当者と話したときに内容が上手く噛み合わないということも起こってしまう可能性があります。

アパートローンについて

アパートローンはその名のとおり、アパートを購入するための融資です。
なぜ、住宅ローンとアパートローンを別にしているかという理由ですが、

・自分が住まない住宅
・事業性を目的としている

この2つにより住宅ローンとは区別されていると考えましょう。

アパートローンの特徴として、

・審査は属性よりも物件から安定した収益が出るかを重視する傾向にある
・住宅ローンよりも金利が高く、3%~5%ほどである
・実績があればさらに次の投資物件に関してのローンも通過しやすい

などがあります。

アパートを経営するための知識や過去の実績などを身につけて挑戦すれば、

・頭金が少ない
・年収が少ない

といった不利な面を挽回できる可能性も十分あります。

住宅ローンについて

住宅ローンは自分が住むためのローンですので、アパートや収益物件などの不動産投資物件を購入するためには利用できません。

住宅ローンの特徴として、

・物件の立地や建物価値はローン審査の要素となりにくい
・アパートローンに比べて金利が低く、1%~1.5%ほどの低金利の商品がある
・職種、勤続年数、年数、貯蓄額などの経済的な信用である属性が重視される

などがあり、事業性という要素がない分「ローン契約者がきちんと返済できるか?」という点を第一に考えて審査が行われます。

また、店舗兼住宅や自宅の一部を賃貸に貸すという契約内容にすることで住宅ローンを組める場合もあり、属性が高い投資家の方がこの方法で不動産投資をスタートさせるケースもあります。

まとめ

今回は、不動産を購入するために使うローンの紹介をさせていただきました。
ローンという言葉に対して漠然とした不安を感じてしまう方も多くおられることでしょうが、しっかりと理解して使うことができればとても便利なものです。
住宅ローンとアパートローンの違いを把握して、用途にあわせてローンを選びましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787