アパート建築の工事費はどれくらいかかる?

アパート建築の費用面で重要なのは、本体工事費ではなくトータルで計算した総工事費です。
工事費は大きく本体工事費、別途工事費、付帯工事費に分かれており、物件によっては本体工事費以外に大きな費用がかかるケースが存在します。

本体工事費

本体工事費は、建物だけを建築する費用と考えましょう。

本体工事費には、土台や基礎と構造体、内装や外装、トイレ、バス、キッチンなど生活するためにアパートに最低限度必要な設備にかかる費用が含まれます。

1坪40万円~50万円が相場と考えられていますが、最終的な利回りを得るために必要な坪単価を割り出す必要があります。
言い方を変えれば、高い賃料でも入居者が住み続ける物件であれば、高い坪単価でも建築しても大きなリスクとはなりにくいです。

また、アパートの総建築費用の7割~8割を占めるのが本体工事費というのが一般的な相場です。
2DKでしたら1室当たり600万円~800万円かかるというイメージを持つとわかりやすいかと思います。

別途工事費

別途工事費と付帯工事費については各受注メーカーや施工業者により名目が異なります。
A社では別途工事費であり、B社では付帯工事費というようなケースが多いので、明確な定義があるわけではなく「本体工事費以外にかかる費用が別途工事費と付帯工事費」と考えましょう。

今回はわかりやすいように別途工事費は「建物以外にかかる工事」と分類しました。
別途工事費としては、門や車庫、外溝工事や土地改良工事、古い家屋がある場合は解体工事費などがあります。

このなかでも、解体費用と土地改良工事費用は多額の費用を要すことも多いです。
解体費用に関しては仲介業者の担当者と話し合いのうえで、売り主持ちにできれば100万円以上得する可能性もあります。一言話すだけで大きな得をするチャンスですので交渉を依頼しましょう。

付帯工事費

付帯工事費は「建物で生活できるために必要な設備工事」という分類にしました。

具体的には、給排水工事やガス工事、ベランダの電気工事、空調の工事、内装や外装のオプション工事などがあります。
このとき、特に注意しなければならないのが給排水工事やガス工事における配管の引き込み工事です。
郊外の安い土地にアパートを建築する場合、これらの配管を長い距離引き込む必要が多く、その費用が300万円以上かかることもあります。

アパートを建てる場合、他の工事はキャンセルしたりコストを削減できたりしますが、引き込み工事は必要ですので注意しましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787