不動産相続手続きの必要書類について

不動産相続手続きの場合、手元にある書類と必要な書類を手に入れた上で、司法書士に依頼をし、法務局で登記をしてもらう必要があります。重要なのは書類をそろえるだけではなく、実際に登記を行いきちんと名義を移転させることです。

相続登記の必要書類一覧

相続登記の必要書類についてですが、
・亡くなった方(被相続人)に関するもの
・相続人に関するもの
・不動産に関するもの
に分類されます。

被相続人に関するもの
 ・被相続人の死亡時の本籍入りの住民票又は戸籍の附票
 (登記名義人と被相続人が同じであることの証明に使います。)
 ・被相続人の生まれた時から死亡した時までの戸籍謄本
 (相続人を確認するために使います。)

相続人に関するもの
 ・相続人全員の戸籍謄本
 (相続時に生存していることを証明するために使います。)
 ・相続人全員の住民票
 (相続人の住所を確認して登記時に使います。)
 ・相続人全員の印鑑証明書
 また、法定相続分を変更する場合には遺産分割協議書が必要となります。

不動産に関するもの
 ・不動産の登記事項証明書
 (相続不動産の特定に使います。)
 ・不動産の固定資産評価証明書
 (登録免許税の算出に使います。) 

以上が、一般的に必要な書類です。

必要書類はどうやって集めたら良い?

・被相続人に関するもの
被相続人の出生から死亡まで、戸籍が複数あるケースが多く、死亡時からさかのぼってそれぞれの役所に請求する必要があります。被相続人に関する書類は1つの役所だけではそろわない可能性が高いと頭に入れておいてください。

・相続人に関するもの
各相続人が住んでいる役所で手に入ります。

・不動産に関するもの
登記事項証明書は法務局に行って地番等を記入すれば手に入ります。
固定資産評価証明書は、役所の固定資産税を担当する部署が発行してくれます。

不動産相続に関する必要書類は数が多く、また書類によって入手場所が異なります。
困った際には上記を参考にしてみてください。

相続

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

アパートの遺産分割ってどうするの?

具体的に解説!「譲渡」や「相続」など、それぞれどのように違う?

不動産の権利書を紛失してしまった場合の相続について

アパート経営の連帯保証人は相続放棄できる?リスクを避ける方法は?

相続人が決まるまでの家賃・・・受け取るのは誰が正解?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787