【都道府県別アパート経営】東京でアパート経営

東京でのアパート経営は敷居が高すぎると思われる方が多いと思います。
そこで、東京でのアパート経営をすると考えた場合の情報を知って頂き、ご自分の不動産投資スタイルに向いているかを考えましょう。

東京のアパート事情

東京は、約1,300万人の人口ですが、一人で賃貸住宅に入居する単身世帯が増えています。2人で住むケースも多数あるとは思いますが、4人~5人で住むファミリー世帯は横ばいとなっており、今後は減少する可能性が高いです。
このようなアパート事情を考慮すると、一戸の広さを追求したアパートではなく、専有面積は1~2人住める程度で部屋数が多い利回りの高い物件が人気と言えます。

また、東京でのアパート購入を考える際に忘れてはならないのは金利変動についてです。
現在、経済活動が活発となっていますが、活発な時期が落ち着いてしまうと金利が上昇する傾向と考えて良いでしょう。
そうなると、契約内容により違いはありますが、全体的にはアパートローンの金利も上昇しますので、金利上昇による最終的な利回りが低くなるという予測もしておく必要があります。

東京の家賃相場は、ワンルームでおよそ7万円~8万円、2LDKでは、およそ13万円~14万円と、やはり他府県と比較して頭一つ飛びぬけています。
都内全域で、比較的安いエリアとしては、ワンルームで4万円~5万円の福生市、高いエリアはワンルームで11万円~12万円の港区です。

東京でアパート経営を始めるならこのエリアがおすすめ

地価の上昇を狙うパターンが出口戦略を考えた投資となると思います。
東京でアパート経営をするなら、地価が上昇している港区、江東区、中央区エリアのアパートは将来的に地価が急落する可能性がありますので、そのタイミングを狙って今からアパート探しをするという方法が手堅いやり方かもしれません。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787