【アパート経営資金】アパートローン、金利の相場はどれくらい?

アパートローンは事業性資金ですので金利は高めの設定にされています。

しかし、金利が高めだから適当な金融機関から借りようという考えも安易過ぎます。なぜなら、金融機関により金利の相場が異なるからです。

金利の相場について

アパートローンの場合、金利は約2.5%~約5%の範囲で設定されているケースが多いです。金融機関により金利設定が異なるため、金利の幅が約2倍もあります。

金利が低い順に並べると、都市銀行、地方銀行、信用金庫、ノンバンク系となります。簡単に言えば、規模の大きい金融機関になるほど金利も低くなる傾向にあります。

しかし、実際にアパートローンを都市銀行で組もうとしても過去に不動産投資で成功を収めた実績や高い属性がなければ審査は通過しにくいと言われています。

そのため、まずは信用金庫など高めの金利でアパート経営をスタートさせる、ということも方法のひとつと言えます。ただし、ノンバンク系では金利が高いため、仮に満室経営ができたとしても赤字となる可能性も高いです。

アパートローンを利用する際は、金利を踏まえ、どの金融機関を利用するのかを十分に検討しましょう。

サラリーマンの場合、借入はどれくらい可能?

アパートローンの場合、年収の5倍~10倍の借り入れ額が限度となります。住宅ローンが年収の7倍程度とされていますので、アパートローンの方が厳しいと言えます。さらに、都市銀行に借り入れを申し込む場合は年収の5倍を下回る判断もされるケースも少なくありません。

また、アパートローンの場合は金利と同じで借入可能額にも大きな差があります。その理由は、物件の資産価値や事業性が高いかというような点を金融機関が個別で判断するためです。

資産価値が低い物件を賃貸経営初心者の方が買う場合と、資産価値が高い物件を賃貸経営で利益を出している方が買う場合では、融資額に倍の開きがでることもあるようです。

年収の5倍~10倍という数値はあくまで目安として考えておく方が良いでしょう。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・アパートローンと住宅ローンの併用とアパートローン利用の注意点について(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787