【アパート経営資金】アパートローンのメリット・デメリットは?

アパートローンは、住宅ローンやカーローン、教育ローンなど「何らかのモノを手に入れるローン」と異なり、「資産を増やすためのローン」ですので、そのメリットやデメリットを理解して借り入れを検討する必要があります。

アパートローンのメリット

アパートローンのメリットは、高額なアパート1棟を、頭金を用意するだけで取得できるという点です。さらに、経済的な信用である属性が低い場合でも融資審査が下りる可能性が十分にあります。
そのためには、仲介会社のアドバイスを聞いたり、不動産投資についてしっかりと学習したりして、金融機関の担当者に綿密な事業計画をアピールする必要もあります。

株式やFXなどの投資はローンを組んでスタートできませんが、アパート投資は手持ち資金が少なくともローンを組めるという大きなメリットがあります。

アパートローンのデメリット

アパートローンのデメリットとしては大きく3つあります。
1自分が住めない
2金利が高い
3審査が厳しい

1自分が住めない
アパートローンは家賃収入による投資活動ですので、継続して資産を増やす事が大前提になります。そのような目的ですので、自分が住むという事は基本的にはできません。
金融機関に知られないように、自分が住んで家賃を支払えば良いのではと考える方もおられますが、そのような契約違反行為がわかった場合には大きな問題となるケースもあります。

2金利が高い
アパートローンの場合、その時の経済状況にもよりますが、住宅ローン金利の2倍~3倍はかかると想定しておくべきです。当然ながら金利は高ければ高いほど金銭的なリスクが高くなります。アパートローンが組めるからと安易に契約をするのではなく、多くの金融機関の設定金利を調べて出来る限り低い金利の金融機関から借り入れしましょう。

3審査が厳しい
アパートローンは属性が高ければ即融資実行という性質のものではありません。
物件の資産価値、申込者が賃貸経営を行う資質があるのか、過去の不動産投資実績などを厳しく審査します。その審査を簡単に考えていると、年収が高い方でも融資審査は通過しません。厳しい審査をクリアするためには、不動産投資に関する学習、仲介会社からの資産価値のある物件を紹介してもらうなどのポイントが重要となってきます。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787