【アパート経営資金】アパートローン(不動産投資ローン)とは?

アパートローンは住宅ローンのように安定した勤務先に入ればすんなりと組めるものではなく、金融機関はその他の要素にも注意を払って融資判断をします。
今回はアパートローンと住宅ローンについてお伝えします。

アパートローンとは?

アパートローンとは、その名の通りアパートを購入するためのローンですが、自分が住むためという目的ではありません。
目的は、入居者に住んでもらいその家賃で収益を得るためのものです。
金融機関としては、ローンの支払いを契約者の給与やその他財源から求めるのではなく、家賃収入の中から支払ってもらう事を前提とします。
アパートローンでは、給与などの経済的な属性だけでなく、物件の資産価値、ローン申込者のアパート経営に関する知識や経験を慎重にチェックします。
例えば、地方の資産価値の低いアパートに、年収は高いがこれまで賃貸経営をしたことがないような方が申し込んでもローン審査は通過しにくいです。
しかし、都心の資産価値の高いアパートに年収は低いがこれまでの実績がある方ですと審査が通過するというケースも発生します。
アパートローンは資産価値のある物件で、アパート経営の収益から返済がしっかりできるかが重要視されるようです。

アパートローンと住宅ローンの違い

アパートローンは自分が住むためではなく、賃料収入をえるための投資活動という点はお伝えしました。では、住宅ローンとどう違うかと言えば、住宅ローンは自分が住む目的であり収益を生み出すための借り入れではないと言う点で異なります。
金融機関としては、収益を生まない住宅ローンでは、アパートローンと異なりローン申込者の年収、職業、勤続年数などの属性により融資判断を決める傾向が強いです。
そうなると、物件の資産価値や不動産投資など不動産に関する知識や経験ではなく、ローン申込者の収入からしっかり返済が可能かをチェックする事になります。

アパートローンは賃料収入からの返済を前提として、住宅ローンはローン申込者の給与などの収入からの返済を前提にすると言えます。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787