アパート経営で、固定資産税は大幅減!

アパート経営をすると、固定資産税を大幅に減らすことができるという噂は本当なのでしょうか。噂の真相とその仕組みについてご紹介します。

小規模住宅用地は更地より固定資産税がずっとお得

固定資産税の標準額は市町村によっても異なりますが、1.4%が標準となっています。
また、小規模住宅用地には減額の特例が認められています。
住宅用地で200㎡以下の部分(小規模住宅)の課税標準は6分の1に、200㎡を超える部分は3分の1に減額されます。その為、更地のままよりもずっとお得なのです。
これらは建物一戸につき適用される為、どんなに広い土地でも戸数次第で課税標準を6分の1にすることが可能なのです。

固定資産税評価額の調べ方

固定資産税評価額は固定資産税をはじめ、都市計画税や不動産取得税、相続税などを計算するのに必要になります。
固定資産税は市町村税のため、3年に1度総務大臣によって告示される「固定資産評価基準」に基づいて市町村や都道府県職員が評価を行います。
自分で調べる際には手数料がかかりますが、市町村窓口で固定資産税評価額証明書を取得することが可能です。

固定資産税の計算には固定資産税評価額が使われます

固定資産税評価額は土地や建物の所有者しか知り得ない情報です。その為、固定資産税を算出する際や、第三者に不動産の評価額を証明する際に使用されます。
固定資産税の計算には固定資産税評価額の他に地方自治体が定めた標準税率が必要になります。
基本的には固定資産税評価額に標準税率の1.4%をかけた金額が固定資産税となりますが、地域によっては標準税率よりも少し引き上げられることもあるようです。

税金

控除を活用してアパート経営で節税を

消費税増税がアパート経営に与える影響は?

教えて!サラリーマンの家賃収入は申告が必要なの?

消費税が10%に上がれば、不動産購入にも影響アリ!

サラリーマン大家の節税対策!しっかりとポイントを抑えよう

不動産を買ったら必ず発生する?「登録免許税」について

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787