アパート経営を始める前に、空室対策を学んでおこう!

アパート経営でもっとも注意しなければならないのは「空室」です。当然ですが、空室になれば家賃が入ってきません。そうなると、ローンの支払いを自腹ですることになります。空室が長く続けば自腹で払いきれずにローン滞納もあり得ます。そうならないための5つの空室対策を見ていきます。

取り入れたい空室対策5選!

空室対策1. 過去の退去原因を確認して解決する

仲介会社や管理会社にはアパートの入退去の契約情報などが保管されています。一つ一つの契約に退去理由の詳細が書いてあるとは限りませんが、例えば一階の同じ部屋が短期間の退去が目立つ場合は二階の入居者の騒音等が考えられます。他にも、エアコン、水回りの修理等に対応せずに放置している部屋は退去者が続出しているでしょう。過去の情報を活用して退去原因を探り解決する事は、重要な空室対策です。

空室対策2. コストのかからないリフォームをする

中古アパートの場合、建物をそのままにしておくと空室率が高く満室になりにくいものです。そこで、コストのかからない部分のリフォームをする対策が有効です。具体的には、部屋のクロス交換、建物の目立つ部分の塗装です。これらのリフォームは設備の交換や建物の工事によるリフォームに比べてリーズナブルで目立ちます。大規模なリフォームは金銭的リスクが大きいですし、満室が保証されるわけではありません。まずは、コストのかからないリフォームをしましょう。

空室対策. 3 入居者の審査基準を明確にしておく

アパートの経営者は、空室が出ると一日も早く入居者を入れて満室を目指しています。 その考えは正しいですが、次の点を見落とすと一気に空室率が高まる可能性があります。それは、「仲介 会社や管理会社と入居者の審査基準を明確にしているか?」という点です。入居者=誠実な借り主とは限りません。

家賃滞納や夜逃げ、短期間での退去というリスクを考えなければなりません。そのリスクを減らす為には、常識があり安定した収入がある借り主に借りてもらう必要があります。その為の審査は慎重にすべきです。安心して部屋を貸すことができる入居者の基準を決めるようにして下さい。

空室対策.4 フリーレント、初期費用サービス

アパートを借りる人の中には、とにかく安い、お得という面を重要視する人が確実に存在します。そのような入居者は1ヶ月家賃無料、初期費用10万円などの言葉に魅力を感じます。長期間空室になりそうな 気配がある時には、空室対策として活用すべきです。

空室対策.5 家賃保証会社を利用する

家賃保証会社とは、入居者の家賃滞納や空室の場合でも家賃の一定額を保証してくれるサービスです。保証費用は入居者が負担する形式が一般的ですのでオーナーは手出しがいりません。このようなサービスを使わない手はありませんので、アパート経営をスタートさせると同時に家賃保証会社と契約をしましょう。

まとめ

空室対策には、

・満室を目的とする対策
・空室率が高くなった場合のリスクを減らすための対策

というように2つに分かれます。あくまで満室を目的とする対策を中心に考えて、信用のある入居者が快適に生活できる住居の提供を行いましょう。 しかし、アパート経営をする中で一時的に空室率が高くなるケースもあります。その時はフリーレント、初期費用サービス、家賃保証等をリスク軽減対策として利用すべきでしょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787