アパート経営で必要 or 有利な資格3選!

アパート経営では、素人の場合よりも専門的な知識や資格を持っている方が業者や入居者に対して有利になります。アパート経営という不動産投資に関しては、宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主 任者の3つの資格を取得すれば経験がなくとも即活用できる場面が出てくると思います。

宅地建物取引士

「宅建」という名称で認知度が高い資格です。不動産仲介業会社においては必ず設置しなければなりませんし、宅建業者授業員の5人に1人は宅地建物取引士の設置が必要ですので従業員が増えると宅建士も増 やす必要があります。

宅建士は名前だけの資格ではなく実際に必要性の高い資格と言えます。重要事項説明、記名押印、契約書への記名、押印など不動産取引の法的義務を任されており、宅建士の独占業務です。宅建士は不動産に関する総合的な知識と民法を理解があってこそ試験に合格しますので、保持しておけば 仲介業者と入居者からは不動産投資の実力者というイメージを抱かせるでしょう。

マンション管理士

マンション管理士は「マンション適正化法」により資格となりました。主な業務内容はマンション管理組合のコンサルタント業務と言えます。マンションには、区分所有者(専有部分の所有者)が集まった管理組合がマンションの管理等運営を行います。

当然管理組合はマンション管理に関しては素人のケースがほとんどですので、管理を任せるか何らかのアドバイスをしてくれる存在が必要となります。マンション管 理士はマンション運営における総合的なアドバイスや管理組合内の問題を解決することで報酬をもらいます。また、マンション管理を業者に委託しているケースでは管理組合側のメリットを考えて様々な交渉も行います。

知識面では資格名の通り不動産全般の知識に加えてマンション管理の知識を勉強する事で試験に合格します。アパート経営では、建物設備や入居者、入居者間のトラブルについての対処などに役立つでしょう。

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理士同様「マンション適正化法」により資格となりました。主な業務内容はマンション管理組合からの委託による管理業務を行い報酬をもらいます。宅建士と似ていますが、管理業者は事務所ごとに30組合につき1名以上の主任者を設置する法的義務があります。

さらに、独占業務である重要事項説明も行います。 知識面ではマンション管理士と近いと考えても良いでしょう。このように見ると、マンション管理士と管理業務主任者はどちらを保持しても変わりないように思えます。しかし、将来的にマンション管理会社を立ち上げる可能性も視野に入れているのであれば、管理業務主任者に合格する事はメリットが大きいと言えるでしょう。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・東京オリンピック後の不動産市況はどうなるのか?(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787