アパート経営、利益率はどれくらい?

アパート経営をするのであれば、利益がでないとやる意味がありません。しかし、その指標となる数字が分からなければ判断が難しいでしょう。今回は、利益が出ているかを自分で判断するための基礎知識をお伝えします。

利回りと利益率の違い

利回りとは、「投資した金額の何%分が利益になったか。」 利益とは、「売り上げの何%が利益になったか。」 という違いがあると言えます。

アパート経営は商売という面もあれば、投資としての面もあります。商売という面から見れば、賃料という売り上げから諸経費を差し引いた数字が利益となります。投資としての面から見れば、アパート経営で残った利益が投資金額の何%分の利息となるかを見ます。

このように考えると、利益の割合が高かったとしても投資金額に対しての割合が低ければ利回りは低くなります。貯金をした利息よりも低いようなケースでは、アパート経営という商売においては経営が上手くいっていないと判断されます。 アパート経営では、利益よりも利回りについて高い数字を意識すべきです。

投資利益率の計算方法って?

計算式としては、
ROI(%)=(利益÷投資金額)×100という式がわかりやすいと思います。

例でいえば、アパートに5000万円投資して年間250万円の利益が出た場合で考えると、 ROI 5%=(250÷5,000)×100となります。

このことは、5,000万円投資して利息が5%付いた(250万円の利益が出ていますので。)ことを意味します。 ROI という概念を用いると、アパート経営において1億円投資して400万円の利益がある場合と、5,000万円投資して250万円の投資をする場合、どちらの経営で収益率が高いかを簡単に判断できます。

念のために計算しますが、1 億円投資するケースでは ROI 4%=(400 万円÷1 億円)×100 ですので 5,000 万円投資した場合の ROI5%に比べる投資利益率は低くなるという計算ができます。 この計算式は非常に役に立ちますので頻繁に利用しましょう。

【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
・不動産投資の収益から見えてくる良い投資物件の基本中の基本とは(TATE-MAGA)
・気になるマンション・アパートオーナーの平均的な年収とは?(TATE-MAGA)
・アパート経営が儲かる5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営に失敗する人に共通する5つの理由(TATE-MAGA)
・アパート経営成功者の共通点とは?(TATE-MAGA)

収益

気軽にできる?ソーシャルレンディング型の不動産投資

アパート経営は家賃収入のほかにも収入源はあるの?

収入管理を楽に!家賃を引き落としにしたい

家賃収入だけで生活はできる?失敗・成功それぞれのパターンについて

ローンの返済計画がカギを握る!投資物件で収益を得るために

ワンルーム投資の実態!1棟経営の方が儲かる?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787