新築アパート or 中古アパート 経営するにはどちらを選ぶべき?

新築の綺麗なアパートに憧れを感じたり、中古物件の安さに心惹かれたりと、新築・中古どちらを購入するか迷っている方も多いでしょう。表面的な数値や見た目に踊らされないよう、両者のメリット・デメリットをしっかり見極めたいですね。

中古のメリット・デメリット

中古アパートの魅力は、購入価格が安く利回りが高いことです。また入居者がいる場合は、購入後すぐに家賃収入が得られるという大きな利点もあります。実際にアパートの状態や入居実績を自分の目で見て購入の判断ができる点もメリットとして挙げられるでしょう。

逆にデメリットは、アパートローンの審査が新築に比べ厳しくなる傾向があることです。そのため新築と比較した場合に、より多くの自己資金が必要になる場合もあります。加えて融資期間が短く設定されるケースが多く、月々の返済金額が大きくなる可能性が出てきます。

間取りやデザイン性が時代のニーズと合わず、入居者獲得が難しい場合も考えられるので、購入後のリフォーム費用や修繕費用も事前に考慮しておく必要があるでしょう。

また東日本大震災後は、例え賃貸物件の入居者であっても耐震性に注意を払う人が増えてきました。中古物件を購入する場合は、1981年後に建てられた新耐震構造のものか否かもしっかりチェックする必要があります。

新築のメリット・デメリット

新築アパートのメリットは、ニーズに合致した競争力の高い物件を手に入れることができる点にあります。特に女性には、モニターフォンやカードキーなど防犯関連の設備が人気で、安全性が確保できれば多少家賃が高くても入居の決め手とする人も多いです。また現在の厳しい耐震基準で建てられているため、しばらくの間は修繕などの心配がなく、⻑く運用しやすいので安心です。

デメリットとしては、中古物件と比較すると購入額が高くなる点が挙げられます。しかし新築アパートの方が金融機関の融資がつきやすいため、自己資金が少なくて済む場合もあり、この点については一概にマイナスとは言い難いです。また購入後に入居者を得るまでは収入が入らないことも新築ならではの負の要素ですが、完成・引き渡し後の入居者づけは中古の場合より簡単に行うことができるでしょう。

新築物件と中古物件の最も大きな違いは耐用年数にあると言えます。アパート経営は老後の備えとして考える方も多いため「⻑期運用」を最優先事項と考える人も多いでしょう。その場合、利回りにそれほどの違いがないのであれば、新築アパートの方が⻑期的に安定していると言えるのではないでしょうか。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787