アパート経営をはじめるために必要な資金は?

市場に出回っているアパートは、通常中古でも数千万円はするものがほとんどです。普通のサラリーマンでは現金で払える人は少ないため、多くの場合はローンを組むことになりますが、自己資金はどのくらい必要なのでしょうか?

自己資金0でも不可能ではない

一言に「自己資金」と言っても、いくら位が必要なのかは購入するアパートによっても異なります。担保価値が高い物件を購入する場合は、頭金0でのアパートローンを受けられる場合もあり、それを大々的に宣伝している会社も存在します。

しかし実際、購入時には手付金として物件の5%〜10%程度を売主に渡す必要がありますし、不動産取得税や登記費用、それらを代行してもらう司法書士へ支払う報酬、地震・火災保険費用など意外と多くの諸費用がかかります。

そのため購入前に自由に動かせるお金がある程度必要なのが現実で、大まかには購入・建築費用の3割程度の自己資金があると安心だと言われています。

ケースによっては住宅ローンの使用も可能。ただし悪用は厳禁

また建築・購入するアパートの一部を自宅として利用するのであれば、アパートローンではなく住宅ローンとしての借り入れが可能となる場合もあります。住宅ローンとアパートローンを比較すると、住宅ローンの方が審査も手続きも簡単でハードルが低く、住宅ローン控除などの優遇も得られます。

既にローンで自宅を購入している場合は利用不可、マイホームにあたる居住部分の面積が一定割合以上を満たしているなどの条件がありますが、マイホームを持つことは家具・家電の購入など消費の活性化にもつながり、国も力を入れている政策であることから、金融機関も積極的です。

その場合は頭金が0か、アパートローンよりも少ない額でも融資を受けることができる可能性が高くなります。ただし基準を満たしていないことが後に判明した場合、銀行によっては一括返済を求められることもあるので注意が必要です。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787