バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

バリアフリーに限らず、リフォームやリノベーションを検討していても具体的にどうすればいいか悩むし、費用面も心配というオーナーも多いです。そこで、効果的なバリアフリーと費用面の手助けになる情報を発信します。

バリアフリーの実例

バリアフリーについては、その言葉を聞いただけでなんとなくイメージできるくらいの認知はされていると思います。そこで、さらに具体的な実例を挙げてポイントをお伝えしましょう。
ポイントは次の4つです。

1. 段差を解消する
部屋にある突起物などをなくします。特に、敷居をなくした間取りが望まれます。

2. 玄関部分を改善する
玄関との段差をゼロにすることは難しい場合があります。そこで、スロープにしたり低めの階段を設置して手すりを利用して上がるなどの工夫が必要です。

3. 手すりが必要な場所に設置する
手すりが必要な場所として、玄関、浴室、洗面所、脱衣所、トイレ等があります。それ以外でも必要な場所があれば、設置するほうが転倒などを防ぎやすくなります。

4. 浴室・洗面所のスペースを確保する
浴室の場合、シャワーチェアや介護をする方も一緒に入れるスペースが必要です。脱衣所から浴室の段差を解消して、グレーチングによる水はけまでしておくとよいでしょう。

あとは、個別で必要とされる設備等は異なりますが、アパート経営でそれ以上の負担は経営面に悪影響を及ぼすので避けたほうが無難です。

住宅セーフティネット法に基づく制度を利用すれば補助金が出る場合も

リノベーションや大規模改修に比べると安いですが、費用面の心配もあると思います。
そこで、活用できる可能性がある補助金があり、新たな住宅セーフティネット制度という2017年4月に公布されたものです。この制度のなかに、「バリアフリー改修工事」に要する費用の3分の1以内の額という条件で補助金が最大50万円出ます。
工事内容としては、手すり設置、段差解消工事、階段の解消工事など一般的なバリアフリー工事でしたら対象となる可能性が高いです。ぜひ活用するようにしてください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787