なくはない!火山が噴火したときに補償してもらえる保険は?

近年、大地震が数回起こりました。その時に、火災保険への理解が深まったと思います。その中のひとつが「地震での被害は火災保険では補償されない」という点です。では、地震に関連して火山が噴火した場合の補償はどうなるのでしょうか?本稿では、噴火と保険について見ていきます。

火災保険の適用外!地震保険に加入を

先ほど、地震の被害は火災保険ではなく地震保険で対応するとお伝えしましたが、火山の噴火による被害ではどうなると思われますか?「噴火は火に関するものだから火災保険」と思う方がいても仕方がないです。しかし、実際は火災保険では補償対象外となり地震保険の加入により補償されることになります。補償としては、火山の噴火で発生する、
・火砕流
・溶岩流
・火山灰
・火山れき
・火山泥流
などによる被害を補償することになります。

このような話を聞くと、恐怖を抱くかもしれません。例えば、溶岩が町に流れてきて町ごと埋没するというようなイメージを持つ方もいることでしょう。実際には、火山灰や火山れきなどによる建物の損傷を補償されるといったケースになります。そうなったときに火災保険では対応されないので、地震保険に加入しておくとよいと考えてください。
また、火災保険に加入しないと地震保険にも加入できないので、そのことも覚えておいてください。

アパートが影響を受ける火山があるかチェック

次に、現実的にアパートが火山の噴火による影響を受けるおそれがあるかを知る必要があります。そのために利用すると便利なのが、国土交通省のハザードマップです。全国各地の情報を洪水、高潮、津波、土砂災害、火山、地震に分けられており、インターネット環境があれば簡単に調べることができます。そこで、影響を受けるおそれがあるときは噴火による影響を考慮した内容の地震保険に加入するとよいでしょう。同時に、過去においてアパートがあるエリアで火山灰や火山れき、火砕流などの被害があったかという歴史も調べておくとさらによいです。火山から噴出する灰や石による建物被害の補償のために加入をおすすめします。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787