リフォームのトラブルに備える!リフォームのための保険

リフォーム工事の問題点を解決すべく、「リフォームかし保険」の利用がふえています。この保険に加入していれば、施主は工事の欠陥が見つかったときに保険金を利用して補修してもらえます。おかげで、これまでリフォームを利用しようかと迷っていた施主も利用しやすくなりました。そこで本稿では、聞き慣れないこの保険内容についてお話ししていきます。

リフォームかし保険の仕組み

流れとしては次のように進んできます。
1. 工事業者が保険に加入申し込みをします
保険会社は国土交通大臣の指定を受けている信用ある会社です。

2. 保険会社の建築士が現場検査を行い、申し込みを受けます
工事業者ではなく、保険会社が検査をします。

3. 工事中に保険会社が現場検査、完了時検査を行います
工事期間中や完了時に検査するので当初の工事内容と異なる作業は認められません。

4. 工事完了確認書を発行して保険期間の開始、保険期間内に、かしがあった場合施主が保険会社に保険金を直接請求できる
施主が直接請求できるので、リフォーム工事業者との話し合いが必要なくスムーズです。
このように、保険会社が工事前から工事内容や現場の確認をしているので、施主からすると、かしがあった場合の証明が難しくないため、活用しやすい保険となっています。

リフォームかし保険の特徴

特徴としては3つあります。
1. 第三者による工事検査は施主にとって助かる部分が大きい
一般の施主は工事内容がよくわからずに工事業者任せの方が多いため、立場的に不利と言えます。かし保険では、保険会社の検査員が第三者の立場として厳しく検査するので業者は誠実で品質の高い仕事を要求されます。

2. 工事業者は保険会社に事業者登録する必要がある
工事業者ならどこでも登録できるというわけではありません。保険会社の基準をクリアする必要があるので、施主からすると、かし保険に申し込みができるという時点で信頼できる業者ということがわかります。

3. 工事業者が倒産した後であっても保険金の請求ができる
工事業者ではなく保険会社に保険金を直接請求できるため、業者が倒産したとしても心配する必要がありません。

以上のように、リフォームかし保険は施主のメリットが大きい保険と言えます。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787