アパートの外壁塗装で資産価値を維持しよう

外壁塗装の一般的なイメージは「してもしなくともいいが、塗料の剥げが見苦しいから塗り替える」と言えます。しかし、実際には必要となると考えておきましょう。本稿では、外壁塗装の知識をお伝えしていきます。

外壁塗装のタイミングの目安は?

目安としてよく言われるのは、10年間ほどでのタイミングです。しかし、後述しますが塗料の種類により塗り換えのタイミングが異なります。
そこで、塗り換えのタイミングを逃した場合のリスクについてお伝えします。
外壁の塗装をしないと、見た目が悪いだけではなく次の3つのデメリットがあります。

1. ひび割れが起きる
外壁の耐久性がなくなってひび割れが起こり、さらに外壁が反ってきて状態が悪くなります。
2. 防水効果が低下する
外壁の耐久性がなくなると、湿気や雨などの浸入を許してしまいます。
3. 外壁内部が劣化する
ひび割れや水分の浸入により、外壁内部の腐食が始まってしまいます。

このように見ると、外壁塗装をおろそかにするリスクがおわかりいただけるかと思います。
そこで、簡単に自分の手で外壁塗装の劣化を確かめる方法があります。もちろん、目安ですので最終的には塗装業者さんに確認してもらうべきです。
方法としては、外壁を手でこすって白い粉が付くかを確かめます。チョーキング現象と言い、手が真っ白になるほど白い粉が付けば早急の塗装が必要な可能性が高いので、業者の方に確認に来てもらいましょう。

塗装の種類により耐久年数は異なる

また、塗装の種類により外壁の耐久年数が異なります。
耐久年数が短い塗料から見ていきます。
・アクリル系塗料
5年~7年 最も割安ですが耐久性が低いので現在はあまり利用されていません。
・ウレタン系塗料
7年~10年 コストパフォーマンスが良いのでシリコン系塗料の次に人気があります。
・シリコン系塗料
10年~15年 最も人気のある塗料であり、耐用年数、防カビ性などに優れています。
・ラジカル系塗料
2012年から発売された塗料で、シリコン同様コストが低く耐用年数も同程度と人気が上昇しています。

ほかにもフッ素系やセラミック系、光触媒塗料などがありますがコストが高いです。外壁塗装は定番のシリコン系やラジカル系を検討することをおすすめします。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787