アパート経営にかかる手数料はどのように扱う!?

アパート経営における経費は、不動産投資ローンの支払い、固定資産税や不動産取得税などの税金、修繕費やリフォーム費用などありますが、アパートを管理する手数料も必要となります。ただし、アパート管理の手数料は安くすることが可能なケースがあります。

アパート経営にかかる手数料とその額は

アパート経営をする中で継続的にかかってくるのが、管理手数料です。管理会社に委託して、管理してもらうときにかかる費用です。この管理の範囲は大きく2つに分類できます。

1.入居者募集や退去手続きと家賃集金などのお金の管理
管理会社は、入居者を募集して賃貸借契約を結んだり、退去の連絡を受けて退去手続きを進めると同時に次の入居者を募集したりします。また、家賃の振込処理や未払い入居者からの家賃回収を行います。オーナーは、自分で何もしなくとも家賃が自分の口座に振り込まれるというメリットがあります。

2.「1」に加え、定期清掃作業も行う
さらに、アパート管理では敷地内や共用部分の定期清掃が必要となります。このような作業を怠るとアパートはすぐに汚れてしまいます。一般的な目安としては2週間に1回、清掃が行われています。知り合いに安い清掃会社がいないのであれば、管理会社に清掃まで任せるほうが無難でしょう。

管理手数料の目安についてですが、3~8%程度かかり、なかでも5%にすることが多いです。清掃費用については、アパートの規模によって異なるので見積もりを取って確認してください。1部屋あたり800~1,000円という金額が目安になるかと思いますが、人手不足などの要因で今後は高くなると予想されます。

管理手数料を払わずに自分で管理すべき?

では、先ほどのような管理手数料をコストカットして自分で管理すべきなのかという点ですが、次の3つの要件を満たすオーナーであれば検討の余地があると思います。

1. 朝から晩まで働いている事業主やサラリーマンではなく、定年退職後や週に3日以上時間に余裕があるオーナー
2. 不動産の知識があり、入居者募集の打ち合わせを仲介会社とできるオーナー
3. 物件から車で30分以内の距離に住んでいるオーナー

この要件を1つでも満たさないオーナーは自分で管理するデメリットが非常に大きいです。最低でも上述した3つの要件を満たすオーナーであれば、自分で管理すればいくらくらいコストカット可能かという数字を確認して検討してみるのもよいでしょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787