知っておきたい!アパートの耐震性について

地震に対する対策としては、「頑丈な建物をつくる」ことが挙げられます。しかし、現実的には建築費用の関係で、完璧と言える耐震対策をとることは困難です。そこで、大地震が来ても最小のダメージで切り抜けるアパートにすることが多くのオーナーに求められます。

旧耐震基準と新耐震基準

投資物件の情報を見ると、旧耐震や新耐震と言った用語が書いてあります。この点は、非常に重要ですので知っておく必要があります。

1981年6月1日に耐震基準が変わりました。それより前に建築確認をされた建物には旧耐震基準が適用され、それ以降に建築確認をされた建物には新耐震基準が適用されています。では、耐震性に関してどのような規定があるかを見ていきます。
旧耐震基準は、震度5程度の地震では倒壊しないという基準でした。震度6~7の地震に関しては特に規定がありません。
それに対して、新耐震基準は震度5程度では倒壊しないというだけでは十分とせず、ほとんど建築物が損傷しないという基準にし、震度6~7の地震に関しては倒壊しないことと規定されました。

実際に、近年震度6以上の地震は特定の地域ではなく起きています。これは、全国どこで起きてもおかしくないと考えることができます。そのように考えると、旧耐震基準のアパートを手に入れることは大地震で倒壊する建物を所有することになるおそれがあると言えます。築古アパートを手に入れるのであれば、新耐震基準を満たしている物件を購入すべきでしょう。

耐震性の高い建物の造りは

アパートの造りとしては、木造、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)があります。このなかでも、アパートで耐震性が高い造りということで、RC造の人気が高いです。しかし、費用面で考えると木造に比べて割高になるのでオーナーとしては考えるところではあります。RC造やSRC造のアパートではなく、木造でも有効な地震対策があるのでしょうか。その答えは「イエス」です。

木造アパートでも、壁をふやしたり厚くしたり、筋交いを利用して耐震性を高められます。また、現在ではコストは高いですが免震装置により地震エネルギーを吸収するという方法もあります。
アパート経営で木造を選ぶ場合は、耐震や免震を行うという設計をして耐震性を高めましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787