アパートの部屋の方角は南向きでないとダメ?

以前に比べて、部屋の運気を考えることが少なくなり、部屋の方角に関してのこだわりを持つ方は少なくなったように見えます。しかし、部屋の向きは日の当たり方に大きく関わりますし、部屋探しの際にこだわっている方も少なからずいます。アパート経営においても、部屋の方角について知っておいて損はありません。

方角ごとのメリット・デメリット

これからアパート経営を始められる方は、4つの方角について考えてみてください。

◆南:世間一般では「南向きが良い」と考えられています。
・メリット
日が差し込む時間が長い点です。洗濯物の乾きが良かったり、湿気が少なくて室内がかび臭くなりにくかったりします。家の中がお日様の光で明るいと、気持ちも明るくなりやすいものです。
・デメリット
夏は暑く長時間日光が当たる分、壁紙や家具などが日焼けで変色しやすくなります。すだれ、遮光カーテンなどを利用して日焼けを防がなくてはなりません。

◆東
・メリット
朝日が射し込みやすく、午後は涼しさを感じられます。
早起きをする方や、朝方の生活リズムに整えたい方にとってはとても良い環境です。
・デメリット
南、西向きに比べると日が当たりづらく洗濯物が乾きにくいです。

◆西
・メリット
西日の力で冬場も暖かいので暖房代が節約できます。洗濯物は南向きの次に乾きやすいです。
・デメリット
午前中は日が入りにくい一方、夏の午後は特段暑く感じられます。夜しか家にいない、という方であれば問題なく過ごせそうです。

◆北
・メリット
日光の影響は少なく、ほかに比べると夏場は涼しく過ごせます。
・デメリット
結露が起きやすく、日当たりが良くない日が多いです。外出が多い方はあまり気にならないかもしれません。

家賃設定に影響する?

この点については、「影響する」が答えでしょう。
日が当たるか当たらないか、という問題は日常生活の満足度に大きく関わってきますし、方角によって日の当たり方が異なるため家賃に反映されているのが現実です。
一般的には、北よりも南向きの賃料が高めになっています。西、東向きの賃料に関しては、南と北の中間程の金額でしょう。

入居を検討する方のなかには、「南向きでなければ洗濯物が乾かない!」と思っている方もいます。
しかし、方角によって一律に日当たりの良し悪しが決まるわけではなく、周りの建物の建築状況も大きく関係します。風通しが良ければ乾きやすくなりますし、浴室乾燥機が付いていればあまり気にする必要はありません。
この点については、仲介会社と打ち合わせて説明することをお願いしましょう。そのほか誤解されそうな点についても、先に説明を入れてアピールしてください。

アパートを購入する際、日が当たりづらいようであれば思い切ってリフォームすることを考えてみてもいいかもしれません。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787