アパートの設備に宅配ボックス!導入したほうがいい?

家にだれもいない場合、非常に困るのが荷物の受け取りです。郵便はポストに投函(とうかん)されますが、ポストに入らない通販で注文した商品などは不在票で知らされて宅配会社に持ち帰られます。そうなると、こちらから連絡して再配達となりますが、お互いに面倒です。そこで、宅配ボックスが登場ということになります。

どのようなタイプがある?

大きく分けると、戸建住宅用の宅配ボックスと集合住宅用の2タイプがあります。違いとしては、戸建用は大きめのボックスがあり1世帯専用です。集合住宅用は、コインロッカーをイメージするとわかりやすいと思います。大きめのボックスが複数あり、小さな荷物から大きい荷物まで対応できるようになっています。
さらに、電源を利用せずに施錠する機械式と電源を利用してコンピューターにより制御する電気制御式があります。また、電気制御式宅配ボックスには温度管理できるタイプがあり、要冷蔵の荷物を預かることが可能です。価格帯も安いものから高いものまであり、選択肢が多いのでオーナー側からすると自分の予算に合わせることができます。

宅配ボックスのメリット・デメリット

まず、メリットとして次の2つがあります。

1.不在でも荷物が届くので、帰宅を急がなくていい
宅配ボックスの最大のメリットは、不在時に荷物を置いてくれるという点です。時間指定をしていても、仕事や用事などで帰宅が遅くなってしまったときに便利です。そもそも時間指定をする必要もなくなりますので、ストレスとなりません。

2.宅配ロッカーから荷物を発送できる
宅配会社が対応する条件を満たしていることが前提ですが、宅配会社に持ち込む必要もなく、集荷を待つこともなく荷物を発送できるというのは大きなメリットになります。

次に、デメリットとしては1つあります。
それは、盗難の可能性です。特に、リーズナブルな宅配ボックスほど盗難されやすいというデメリットがあります。そうなると、入居者は宅配ボックスの利用をやめることもあり経費の無駄となるでしょう。

最後に、導入したほうがいいかという判断の目安ですが、
・リーズナブルな宅配ボックスにする
・防犯性を考え、人目に付く場所に設置する
・ただし盗難のおそれがあり、自己責任という点を契約時に確認する
という3つのポイントを守れば、導入する価値はあるでしょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787