景観が良くなる!アパートの植栽する?しない?

アパートの外観で、外壁部分以外にも景観に影響を与える要素があります。それは、植栽がされているかどうかです。築古のアパートでも、植栽があるだけで物件が良く見えると感じる入居者が多いので、空室対策に効果があります。今回は植栽についての情報をお届けします。

植栽をするなら気をつけたいこと

植栽は、単に木や草を植えられるだけ植えるというものではありません。効果的に植栽するためには、自分でするのではなく、専門家に依頼をすべきです。よくあるのが、アパート購入後に自分でガーデニングショップやホームセンターなどで木や草を買ってきて、敷地内にところかまわず植栽してしまうパターンです。下手をすると草木の手入れをしていないように見えますし、ペットボトルや空き缶などを放り投げられてしまいます。そうなると、植栽したことがマイナスとなりますので、専門家に依頼をしましょう。また、できれば植栽する量は少なく、効果的にすることをおすすめします。そうすれば、管理料も少なめで済みます。大切なことは、単に植物を植えることではなく、外観を良くするための手段という意識を持って植栽を進めることと言えます。

維持管理は誰がする?

基本的には、植栽を依頼した業者さんにお願いすることになります。2か月~3か月に1回の割合で維持管理をしてもらうことになるでしょう。植栽面積や植栽の本数、種類によって金額が異なるので一概には言えませんが、年間50,000円以上はかかると考えておいてください。植栽本数が少ない場合は、雑草取りや簡単な剪定(せんてい)を建物管理会社が対応してくれることもあります。費用面では安くつきますが、消毒といった専門的な作業に対応していないので、植物がダメになることもあります。費用はかかりますが、植栽業者さんにお願いすることをおすすめします。また、オーナーがガーデニング好きで、自分で対応できるのであれば、趣味と実益を兼ねてご自身で維持管理をするのも良いと思います。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787