アパート経営を始めるのに適した年齢とは

不動産投資をスタートさせるのは、以前は経済基盤がしっかりしてきた30代後半や40代に入ってからという投資家が多かったです。しかし、最近は若年層の投資家もふえており、少しでも早くアパートを手に入れたほうが良いという戦略もあります。今回はアパート経営と投資家の年齢についてお伝えします。

若いうちにアパート経営を始めるメリット

若いうちにアパート経営を始めるメリットは3つあります。

1.ローン返済リスクが低い
やはり若ければ若いほど体力もあり、大病や持病のリスクが低いです。年配の方でも、適切な運動をして体力や気力を充実させている方もいます。しかし、金融機関からするとそこまで審査項目には入りません。高齢よりも若い方が、貸付リスクが低いと判断する傾向にあります。

2.2棟目、3棟目に挑戦しやすい
若くして1棟目のアパートを手に入れて数年間実績を出せば、2棟目、3棟目を手に入れるチャンスが高まります。その点、高齢でアパートを手に入れると短期間で金融機関から高い評価を得なければなりませんので、現実的にみれば2棟目を手に入れるのは簡単ではありません。

3.売却を繰り返して売却益を狙える
アパートを長期保有すると、売却益が出る可能性があります。その理由は、長期保有による地価の上昇です。そうなると、購入した価格より高い価格で売れることによる売却益を得るケースもあります。そのようなパターンを3~4回繰り返すと、家賃収入とは別に合計1,000万円~2,000万円の売却益が手に入ることもあります。

高齢では無理?

高齢でローンを組むのは簡単ではありません。正直に申し上げて、若い世代に比べて有利とは言えません。
しかし、必ず無理ということではなく、一定の条件があればローンも通りやすいです。
その条件は、大きく次の2つがあります。

1.多めの頭金として退職金や貯金を利用する
若い世代は頭金を多く用意できない方もいますが、高齢であれば退職金や貯金により多めの頭金を用意しやすいです。そうすると、ローン審査が有利になります。

2.年金で生活費の大部分をまかなえ、もしものときに利用できる貯金も十分ある
老後の年金が多い、あるいは生活費がかからずに家賃収入が少なくても問題なければローン審査に有利となります。また、もしも一時的に空室が多くとも貯金などを利用して経済基盤に問題がなければ、さらに審査を有利に進めることができます。

高齢の場合は、手元に資金を持ちアパート経営の賃料収入を生活費にしなくとも生活できる状態であれば、アパートを購入できる可能性は十分にあります。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787