アパート経営をして自分もその1室に住むということ

一昔前は、アパートのオーナーが1室に住んでいるというケースも少なからずありました。オーナーからすると、アパート経営をして自分も住むと金銭的な負担が軽減されるので、そういう選択をしてきたのです。しかし、現在では入居者からすると、オーナーとは一緒に住みたくないと考える傾向が圧倒的に強くなりました。アパートの1室に住むことは、メリットとデメリットの両面が混在します。

経営しているアパートに自分が住むメリット

新築アパートと中古アパートで考え方が異なります。
新築アパートに住む場合、建築計画から自分も参加できます。自分のお気に入りの外観や広さ、間取り、キッチンやバス、トイレの仕様にできるのでマイホームを建てるような自分好みの部屋に住めるというメリットがあります。
中古アパートに住む場合、部屋の基本的な間取りや設備があるのでそのまま用いることになります。仕切りを外したり、設備を交換したりといったことも費用をかければできますが、大きな出費になりやすいので注意が必要です。

また、支払い面に関しては、自宅のローンと不動産投資ローンを2つ払う必要がないので、毎月の支出が減ります。さらに、賃貸併用住宅としてローンを組むことによって、不動産投資ローンの金利よりも低金利にできるチャンスもあります。

デメリットは

デメリットとしては2つあります。

1.工夫して入居者募集しないと入居が決まりにくい
自分が住むことをイメージすればわかりますが、アパートの1室にオーナーが住んでいると聞くと「マナーやクレームについて小言を言われるのではないか?」と敬遠されます。仲介会社にオーナーは「細かいことは気にしない」、「短期間で退去する人は少ない」といったフォローをしてもらうように工夫しましょう。

2.賃貸併用住宅では制限がある
先ほど、賃貸併用住宅のメリットをお伝えしましたが、デメリットもあります。それは、オーナーの自宅スペースが50%を超える必要があるという点です。自宅スペースを狭くしてほかの部屋を1室でも多くして利回りを高めようという作戦は通じませんので注意してください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787