レバレッジを活用してアパート経営

アパートを手に入れるためには資金が必要です。多くのオーナーは現金で買わずに不動産投資ローンを組んで購入します。ローンは借金ですので、借金してまでアパート経営をする必要があるのかと思うでしょう。しかし、ローンを組むからこそレバレッジが活用できるのです。

レバレッジとは

レバレッジとは「テコの原理」と表現されることが多いです。少ない力で効率よく大きな力を出す方法を意味しています。お金の話でいえば、10万円のお金を出資して100万円のお金を動かすことが可能だとすると、レバレッジは10倍になります。FXでは、このようなシステムによって投資活動ができるので、投資家は大もうけする可能性や大損するリスクがあります。アパート経営においてのレバレッジは、頭金があればローンを組めるシステムです。例えば、300万円の頭金で3,000万円のローンを組んでアパートを手に入れるとします。まず、手元に300万円しかないのに3,000万円の不動産投資が可能ですので10倍のレバレッジとなります。また、ローン金利ですが仮に3%とします。利回りが8%でしたら8%-3%=5%の収益となります。
300万円しかないのに3,000万円の5%である150万円の賃料収入が入ります。もちろん、ここから管理費や税金などの経費は引かれます。しかし、300万円出して150万円の賃料収入が入るレバレッジ効果は魅力的だといえるでしょう。

レバレッジは慎重に活用

レバレッジは魅力的なシステムですが、魔法ではありませんのでデメリットもあります。アパート経営におけるレバレッジの最大のデメリットは、毎月の返済に負担がかかるという点です。
例えば、1,000万円の貯金があり、その内の300万円を頭金にして2,500万円のローンを組んだとします。このケースの場合、アパートに空室が出たとしても最悪貯金を切り崩して乗り切れます。しかし、1,000万円すべてを頭金にして1億円のローンを組んだとします。このケースの場合、レバレッジは大きいですが毎月の支払い額も大きいですので、空室やリフォーム、修繕が必要となれば支払いができないという事態も有り得ます。
レバレッジを活用しなければなりませんが、自分の支払い能力を把握して、無理のないアパート経営の資金計画を立ててください。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787