アパートの遺産分割ってどうするの?

はっきりいってアパートの遺産分割は難しいです。なぜかというと、土地と建物という不動産で構成された財産と継続して得る賃料収入という財産を同時に得るため、相続人それぞれが自分の財産を主張するときに、不動産を欲しい、家賃だけ欲しい、あるいは土地だけ欲しいなど、さまざまな要求の形があり、複雑な関係になるためです。今回は、アパートを相続するときに役立つ知識をお伝えします。

遺言と遺産分割

亡くなった方が相続人に向けて書き記す遺言を守り、遺産分割をするというのが一般的な方法です。しかし、場合によっては相続人の間で与えられる財産に大きな開きがあります。そうなると、遺産分割の際に揉めるのですが、実際のところ、遺言と異なる遺産分割はできるのかと疑問に思われるでしょう。

その答えは「イエス」といえます。たしかに、被相続人の考えを尊重するのは当然なのですが、実際には相続人たちがどのような内容であってもその考えに賛同できるかといえば難しいです。そこで、遺言の内容を相続人の間で変更することはよくあります。

また、ここで知ってほしいこととしては、遺言では相続財産が与えられていない相続人でも、一定の割合について相続財産を請求できる「遺留分」という制度があります。つまり、遺言で不動産を長男に相続させるとしていても、次男や三男がいれば自分たちの遺留分を請求できます。そこで問題となるのが、お金のように簡単に分割できない不動産を数人で遺産分割する場合です。

不動産の遺産相続

ここでは、具体的にアパートで考えます。アパートを3人で相続するとした場合、一般的には共有という形を取り、3人で所有することになります。土地を分割するという方法もありますが、アパートの土地を3分割しても現実には買う人はいませんので、持ち分3分の1という共有という形で相続します。また、賃料収入も3分割となります。

しかし、このような形で相続するのはおすすめできません。なぜなら、アパート経営は商売と同じですので3人の社長で経営するには無理があります。管理会社や広告、清掃、修繕、リフォームなどを毎回3人で考えるのは不可能です。また、満室経営であれば仲良くできるかもしれませんが、赤字となればお互いが責め合うでしょう。

そこでの解決策ですが、だれか1人の所有として、ほかの2人に家賃や手持ちのお金を支払うという方法をおすすめします。不動産の遺産相続はできる限り共有を避けるという点を覚えておきましょう。

相続

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

アパートの遺産分割ってどうするの?

具体的に解説!「譲渡」や「相続」など、それぞれどのように違う?

不動産の権利書を紛失してしまった場合の相続について

アパート経営の連帯保証人は相続放棄できる?リスクを避ける方法は?

相続人が決まるまでの家賃・・・受け取るのは誰が正解?

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787