教えて!サラリーマンの家賃収入は申告が必要なの?

サラリーマンの場合、税金について自分で手続きをしたり節税したりする機会は非常に少ないと思います。そのような生活が続いているので、確定申告に対する興味や節税対策については意識が薄いでしょう。そこで今回は、サラリーマンの確定申告について見ていきます。

このような人は確定申告が必要

サラリーマンでも確定申告の対象者になる主なケースは2つあります。1つが年収2,000万円を超える方、もう1つが副業で20万円を超える所得がある方です。年収2,000万円を超える方は少ないと思います。しかし、副業で20万円を超えるというのは、不動産投資による家賃収入を得ていれば、多くの方が当てはまります。また、当然ながら自営業者は確定申告が必要ですので、本業の営業所得とは別に不動産所得について申告することになります。

また、サラリーマンが不動産投資をスタートするときには確定申告をした方が良いでしょう。不動産投資後の最初の申告時点では、赤字になりやすいです。「赤字なら申告しないで良い」と判断するかもしれません。しかし、赤字でも申告をした方が良いケースもあります。次にその点をお伝えしていきます。

家賃収入20万円以下でも申告した方が良い場合もある

不動産取得後の最初の申告では家賃収入20万円以下になることもあります。しかし、そのような場合でも申告する不動産投資家が多いです。なぜでしょうか。流れを追って見ていきましょう。

1.不動産を購入する費用などは経費となるために赤字となった
2.赤字分は所得控除となり前年の所得より今年の所得が下がった
3.税金の払い過ぎのために還付を受ける

といった流れになります。なぜ確定申告するかというと、税金の還付を受けるためというわけです。

また、将来的に次の投資物件を欲しいと考えているのであれば申告をすべきです。そうすることで、金融機関に融資を申し込んだ際に「この人は確定申告をしっかりしている、お金に関してしっかり管理できている」という印象を与えます。家賃収入は確定申告するという意識を持っておきましょう。

税金

控除を活用してアパート経営で節税を

消費税増税がアパート経営に与える影響は?

教えて!サラリーマンの家賃収入は申告が必要なの?

消費税が10%に上がれば、不動産購入にも影響アリ!

サラリーマン大家の節税対策!しっかりとポイントを抑えよう

不動産を買ったら必ず発生する?「登録免許税」について

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787