集客に効果的!アパートの広告について考えよう

アパートの集客をするときに、広告は必要なわけではありません。しかし、少しでも早く次の入居者を決めるためには広告を利用したほうが良いといえます。そこで、今回は不動産広告の規約と広告料についてお伝えしていきます。

不動産広告には規約がある

広告を出す場合、公正な取引を行うために規約があります。大きく2つの内容があり「相手に知らせるための内容」と「誤解を抱かせない内容」に注意することになります。

相手に知らせるための内容としては、
・所在地
・駅やバス停までの距離
・専有面積
・間取り
・構造や階数
・建築年数
・賃料、敷金、礼金など
・管理費や共益費
・取引態様や仲介会社の免許番号など
・駐車場について
といった情報を表示することになります。紙媒体の広告で表示部分が小さい場合は、全ての情報が掲載できないこともありますが、基本的には上記の内容を入居希望者に伝える必要があります。

誤解を抱かせるような内容の例をあげると、
・「地域で1番安い仲介会社」
・1Kなのに、「広々としている」
・「家賃が1番安い」
・フリーレントの詳細や条件を決定せずに「フリーレントも検討します」
・近くに駅やバス停もないにも関わらず「アクセスがよい」
といったものがあります。

「1番」という名称を使用したり確定していないことを表示したり、事実と異なる内容を表示するなど誤解を与える広告内容はNGです。
広告を出すときには、入居希望者に詳細を伝えたときに誤解を与えてはならないと認識してください。

広告料の相場はどれくらい?

広告料の相場として一般的なのが、家賃1か月分です。例外的に、家賃2か月分の広告料となることもありますが、大家さんの負担が大きくなるのでおすすめできません。また、所有しているアパートが常に満室を維持できるような人気アパートの場合は、広告料の値下げなども交渉してみる余地はあります。しかし、広告料は仲介業者の貴重な収入源です。値切りをしすぎると、ほかのアパートを優先するかもしれませんので、無理に話は進めないようにしてください。広告を効果的に利用して集客しましょう。

アパート経営とは?

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

バリアフリーのアパートで安心できる住空間を提供

最新記事

不動産投資に関する勉強!何から始めたらよい?

相続人になったら確認しておくべき「配偶者居住権」について

安心してアパート経営をするために!建物の地盤保証について

どのような設備が人気?アパート経営者が知っておくべきキッチン事情

物件選びで失敗しないために!オーナーとして見るべきポイント

家族世帯に人気!アパートの風呂の追い焚き機能

お電話でのお問い合わせはこちら

入居者様専用お問い合わせ先
0120-008-764
オーナー様・アパート経営を
ご検討の方専用お問い合わせ先
0120-949-787